昨日のエントリーで、フォトリーディングなら読書への心理的ハードルは下がると書いた。

今日はその理由について書いていこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

フォトリーディングの流れ

フォトリーディングでは、フォトリーディングをはじめる前に「予習」という段階がある。

簡単に言うと、目次を中心に本をパラパラめくり、本の構成にザッと目を通す感じだ。

この時に、まずこの本の全体をサラッとではあるが、見ている。

その後フォトリーディングで全てのページを1分程度で「パッパッパッ」と見ていく。

これで本に目を通すのは2回目。

その後「復習」という段階で本を拾い読みする。

まずキーワードを抽出していく。ノートに一通りキーワードを書いたら、自分がこの本から何を知りたいか。

「質問」を考える。

これで本に3回、目を通す。

そしてその後「活性化」のパート(段階)で、自分が知りたい情報を本から取りに行く。

ここで4回、本に目を通すことになる。

「予習」から入ることの効果

「予習」から入る効果。それは、読書のハードルを下げる意味では重要な意味を持つ。

なぜか。

それは「まず5分やってみる」と同じ効果が得られるからだ。

「2分くらい、目次とか全体だけサラッとでは目を通せばいい」

このくらいの気持ちなら、どんな分厚い本でも着手できるのではないだろうか。

そう。フォトリーディングの大きなメリットはここにある。

今まで手が伸びず「積ん読」になっていた本に、手を伸ばすことができるようになるのだ

もうこの時点であなたがこの本を読む確率は60%以上になっている。

空白の原則が働くからだ。

全体に何度も目を通す意味

フォトリーディングでは、本の全体に段階を経て、何度も目を通す。

これも読書の心理的ハードルを下げることに大きな意味を与えている。

タスク管理的に考えると、これは読書のプロジェクト化なのだ。

そして何回かも本に目を通すことは、読者と本との距離を縮めることにつながる。

一度、二度と。本の全体に目を通すことで、その本を次に読もうとする時には、「この本は知っている」という気持ちを起こさせる。

「この本を知っている」という気持ちが、逆に「この本を知りたい」という気持ちに変わり、本に手をのばす効果を発揮するのだ。

まとめ

フォトリーディングをしばらくやってみて気づいたこと。

それはフォトリーディングが本への心理的ハードルを下げるために最適な仕組みを整えているということ。

特に今まで読書に抵抗があった人ほど、それを実感することになるだろう。

本に手を伸ばす心理的ハードルを下げる。そして何回も本の全体に目を通すことで、「この本を知りたい」という気持ちが湧くようになる。

そう。段階を経て本を読んでいくという手法はとても理にかなっている。

ということで、参考にしてほしい!!!

寒すぎて手が思うように動かない中でブログ更新 いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

フォトリーディングを使えばあなたも本をどんどん読めるようになる!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール R.シーリィ
フォレスト出版
売り上げランキング: 19,836
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148

いつでもスタオバって誰?

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします