今週の週次レビュー!仕事と家庭、どっちを優先する?他

さあ、今週も週次レビューをブログでやるぜ。先週のレビューはこちら↓

さあ、今日も早速いってみよう!!!

広告

今週のレビュー

今週も毎日行っている「日次レビュー」の中から、抜粋して紹介する。

今週は超忙しかったが、労働時間でカバーはしなかった

今週は久しぶりに超忙しかった。今までの僕なら残業をしてその仕事量をカバーしていただろう。

しかし僕は「時間を制限するからこそ、効率が高まる」ことを提唱している。

提唱者として(笑)、仕事の進め方をいつも以上に真剣に考えた。

その結果、今週も無事問題なく終えることができた。「パーキンソンの法則は正しい」とあらためて確信することができた。

一方、体は「ガチガチ」

身体は正直だ。無理をしていると、すぐに身体にあらわれる。その旨のエントリーを先日書いた。

今週は労働時間こそ短かったものの、短期集中で仕事に夢中になっていた。なので気づかないうちに身体がめちゃめちゃ力んでいたようだ。

その結果、肩こりが半端ないことに・・・。昨日ランニングをしたのだが、未だに身体がガチガチだ。

やはりリラックスして仕事に取り組むこと。「省エネモード」はやはり大切だということを実感した。

自分の中のプライオリティがぶれた日

これはあんまり書きたくない話だが、反省のためにあえて書こう。

今週は娘が高熱を出した日があった。

残業をせずに早く帰ろうと思っていたら、大変お世話になっている先輩が書類を届けに僕のオフィスにくるという。

「娘の体調が悪いので、今日は早く帰るんですいません・・」

その日の僕はこの一言を言うことができなかった。

結果的にその後その先輩とは打ち合わせまですることになってしまう。その結果、あまり早く家に帰ってあげることができなかった。

家に帰り、娘が苦しんでいる姿をみて「優先順位が違うだろう」と反省した。

なぜ僕は先輩の依頼を断らなかったのか。勇気がなかったからではない。無意識に仕事を優先してしまったのではないかと思う。

「書類を届けにくるだけだし、娘は嫁が見てくれているから少しくらい大丈夫だろう」

そんな風に瞬間的に考えてしまったのかもしれない。自分の中で仕事とプライベートのプライオリティが明確になっていない。まだ判断軸が確立していない。

そのことが明らかになった日だった。

仕事とプライベート、どちらを優先するか。これは簡単な問題ではない。でも僕は家族がやはり大切だ。基本的には仕事より家族を優先する親でありたい。

自分の中でまだまだ仕事のプライオリティが高いことを実感した日だった。

今週の1冊

岡部明美さんのセッションを受けたことがきっかけで読み始めた本だ。

ザ・ワーク 人生を変える4つの質問
バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル 
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 16,810

僕達は感情を作り出すビリーフをもっている。観念、マイルールという言い方もする。

ビリーフがあるから、僕達はあるがままの現実に対し自分なりの評価をしてしまう。イライラしたりするのは、自分のビリーフが原因なのだ。

そのビリーフを取り除けば、あなたの心はストレスから解放される。

あなたのストレスの原因となるビリーフを発見し、どのように対処していくか。その具体的な手法がワークとして紹介されている。事例も豊富にあるので理解を深めてくれる。

ストレスが多い現代だからこそ、いかにストレスを感じずありのまま現実を受け入れていくか。説いている1冊だ。

僕はこの本を何回も読み直すことになるだろう。興味があるかたは是非読んでみてほしい。

今週のエントリー

見逃したかたはこの機会に。

まとめ

ということで、今週は忙しい1週間だったが労働時間を増やさずに対処できて自信を深めることができた。

そして仕事よりも家庭を優先する親になることを決意した1週間だった。

ということで、参考にしてほしい!!!

娘よ、今週はすまんな いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本はこちら

ザ・ワーク 人生を変える4つの質問
バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル 
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 16,810
私に帰る旅
私に帰る旅

posted with amazlet at 15.09.06
岡部 明美
角川学芸出版
売り上げランキング: 274,048
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 872

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック