2分以内にできるタスクはすぐにやる。GTDの「2分ルール」は本当に正しいのか

GTDの考え方の一つに、2分以内にできることはすぐにやるという考え方がある。いわゆる「2分ルール」だ。

この2分ルール、本当に正しいのか。僕は疑問を持ってしまう。

すぐにやらず、後でやったほうが理論上妥当ではないか。

そんなことを考えていたので、今日はこのテーマでいってみようと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

立ちはだかるセクションの問題

2分以内のタスクが発生した時。例えば、上司からすごい簡単なタスクを依頼された。2分もあればできそうだ。

そんな時に、まず考えなければならないこと。それは、そのタスクに着手するのが「今」なのかどうか、だ。

僕達は朝起きてからずっと、脳のエネルギーを消耗している。朝8時と夕方18時では、脳のエネルギー量は全く違うのだ。

そしてエネルギーがある状態の方が、当然に集中力がある。タスクの先送りも発生しにくい。

だからこそ、企画を考えるといった重いタスクは午前中に取り組んだほうがいいことになる。

ここで言いたいこと。それはタスクによって取り組むべき最適な時間帯(セクション)があるということだ。

一つの考え方として。2分以内のタスクが本来エネルギーが溢れてる、午前8時に発生した場合。

理論上はそのタスクは今やるべきでないということになる。エネルギーがなくても問題なく取り組めるタスクは、脳のエネルギーが少ない夕方にやればいい。

そうすると、2分ルールは必ずしも正しくない。これは一つの考え方として成立しうる。

2分以内のタスクをタスク管理ツールで管理するのか?

しかし、だ。ちょっと冷静に考えてみると。

例えば午前9時に発生した2分以内のタスク。これをその日の夕方あるいは明日に先送りするとなると。

タスクをTaskChuteなど、タスク管理ツールにわざわざ入力しなければならない。

TaskChuteについてこちら↓

タスク名を考えて、入力する。下手すると、これで数十秒使ってしまうかもしれない。

また、そもそも2分以内のタスクはそんなに頻繁に発生するのだろうか。

僕の場合、TaskChuteに入っているタスクで2分以内のタスクはルーティンタスクを除いてほとんどない。

そうだとすると。タスク名を考えて入力する手間も考慮すれば、2分以内のタスクはすぐやってしまったほうが合理的ではないか。

2分以内のタスクはすぐ取り組むというのは、僕の場合は確かに正しいと言えそうだ。

まとめ

2分以内に処理できるタスクが発生した場合。GTDではそのタスクをすぐに処理すべきと説く。

一方、脳のエネルギーであったり、時間帯(セクション)の考え方に基くと。時間帯によっては、すぐとりかかるのは適切でないということになる。

一方、すぐにそのタスクにとりかからない場合。タスク名を考えて、タスクツールに入力する。

タスクとして管理するという手間は当然に発生する。であれば、やってしまったほうがいいと考えるのも妥当だ。

結局は、2分以内のタスクの発生頻度によるだろう。僕のようにタスクの発生頻度が少ないなら、すぐにやるべきだ。

一方、発生頻度が高いという人は。あまりに多いようであれば、そのタスクは午前中など脳のエネルギーが豊富な時に取り組むべきではないだろう。

その時間帯にできるもっと大切なタスクに取り組むべきだ。

しかし、結論としては。2分以内のタスクはすぐにやる。これは正しいと言えるだろう。

ということで、参考にしてほしい!!!

今日は恒例のものくろさんのレッスン!いつでもスタオバより

関連エントリー

参考書籍

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック