仕事は午前の3時間で終わらせる

最近気づいたのは、人間が本当に熱意と集中力をもって仕事をできる時間は3時間くらいしかないということです。

これは休日に丸一日自由時間があった時、実感しました。

丸一日自由な時間があったのに、本の企画書を書いたり、セミナーの準備をしたり、ブログ書いたり。こうしたことに使えた時間は3時間が限界だったのです。

もちろん、無理してやろうと思えばできます。しかし、ピュアなモチベーション(?)で挑めるのは、3時間くらいなんですね。

これはどうやら真であるようで、フリーランスの友人も同じことを言っていました。

広告

サラリーマンの仕事もそうでない?

ということはですよ。「いわんやサラリーマンの仕事をや」です。

思えば、僕自身サラリーマンの仕事は午前中の3時間が勝負というつもりでいつも挑んでいました。

もちろん午後も仕事はしていますが、午後は頭を使う仕事というよりは、作業時間のような感覚です。

午前の3時間に2割の大切な仕事を投下する

冷静に考えればそうですよね。

80対20の法則からもわかるように、大切な仕事は2割しかないんです。

であれば、大切な2割の仕事は午前中にやるようにすればいいのです。そうすれば、それだけで8割の成果を出せる。

80対20の法則はこちら↓

つまり、サラリーマンに限った話ではないですが、「午前の3時間で仕事は終わらせる」という意識を持つ。その3時間の使い方を真剣に考える。

この意識をもつと、仕事の生産性は高まっていくということです。

今日はこの辺で。それでは、また!

(所要時間15分)

セミナー開催してます!

タスク管理ツール「たすくま」の入門講座をはじめ、タスク管理を教えています!

興味ある方はこちら↓から覗いてみてくださいね。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告