「がんばらない生きかた」を実践してる僕が毎日ブログを更新している理由

僕は今「がんばらない生き方」を日々心がけている。

しかしそう言いながらも。毎日1〜2つのエントリーをブログでアップしている。

「え?がんばらないんじゃないの?」

そう思う人もいるかもしれない。

そんなあなたのために。僕が考える「がんばらない生き方」の本当の意味を書いておきたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

「がんばらない」=「何もしない」ではない

「がんばらない生き方って、毎日ダラダラ過ごしていいのか?」

そう思ったあなたへ。

そんなはずがない。

「がんばらない」=「何もしなくていい」ではない。

以前にもこのことはエントリーに書いたことがある。

「がんばらない生き方」を文字どおり解釈し、毎日何もしていければどうなるか。

生きてはいけるかもしれない。でもあなたが求めるようなすばらしい人生は実現しないだろう。

ではなぜ僕は「がんばらない生き方」を推奨するのか。

説明していこう。

僕はブログを「がんばっていない」

例えばブログを書いている僕はがんばっているのか。

僕はブログを「がんばっていない」。

ブログを書きたいから。書いていて楽しいから。ワクワクするから。書いている。

だから書く時、「がんばっている」自覚は全くない。書きたくない時は書かない。

僕にとってはゲームをしたり、漫画を読むのと同じなのだ。単に楽しいことをやっているだけ。

「がんばらなくていい」について論ずる時はまず、「がんばる」の解釈について、共通認識を作ったほうがいい。

ということで、説明していこう。

「がんばる」とは?

がんばるとは。

恐怖や不安を原動力として、自分がやりたくないことをやっている状態と僕は考えている。

心屋さんがよく「がんばらなくていい」と言っているのは、自分がやりたくないことをガマンして何かをやらなくていいよ。

そう言っていると僕は理解している。

つまり、自分がやりたくないと思っていることを、勇気をもってやめなさいということ。

自分がやりたくないのにガマンして、がんばると心と身体を壊しますよということだ。

その「原動力」が違う

そう。つまるところ、「がんばる」と「がんばらない」の差はその原動力にある。

自分が楽しいから。ワクワクするから何かをやってる人生が「がんばらない生き方」。

恐怖や不安を原動力に何かをやってるのが「がんばる生き方」。

自分がやっていることの原動力の違いが、その差を生むということだ。

自分が好きなことをやっている時、人間はものすごいパワーを発揮する。

だから「がんばらない生き方」だとうまくいく。そう捉えると、スッと頭に入ってくるのではないだろうか。

まとめ

がんばらない生き方。

それは怠惰な生き方ではない。

やりたくないことをやめていき、やりたいことをどんどんやっていく生き方だ。

そういう意味では、最も勇気が必要な生き方かもしれない。

でも僕がこの生き方を実践してきて、自分の人生で変わったなと思うこと。

それは人生がとてもハッピーになったこと。

ガムシャラにがんばるのも悪いことではないけれど。負のエネルギーでがんばっても人生は辛い。

それよりも自分を大切にして、楽しく生きる。そのほうが僕は幸せだと思う。

必要なものは、「20秒の勇気」だ。

ということで、参考にしてほしい!!!

これからもがんばらないぞー! いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

がんばらない生き方とは、自分が夢中になれることをどんどんやっていく生き方だ!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック