他人の行動に傷つかないために知っておくべきシンプルなこと

「他人にひどいことをされた」。「やっぱり自分は嫌われている」。

あなたは日頃他人に対して、そう思うことはないだろうか。

しかしそんな時は今一度自分に問いかけてみることをオススメする。

「それは本当ですか?」、と。

なぜか。

実はほとんどがあなたの思いこみだったりするからだ。

「そんなことはない!」というあなたへ。

どういうことか、説明してしていこう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

行動に意味を勝手につけ加えない

例えばあなたが誰かに仕事で相談をしに行ったとしよう。

その時相手に冷たい態度を取られたと僕達が感じた時。僕達は悲しい。

そして次に大概こう思う。

「あの人は僕のことを嫌いなのだろうか」。

人によっては「やっぱり僕はあの人に嫌われているんだー」かもしれない。

でも冷静に起こった出来事を見直してほしい。一体先程なにが起きたのか。

「相手はあなたに対して冷たい態度をとった」。

それだけだ。

別に相手はあなたのことを嫌いとは、一言も言っていない。

ここが大切なので、もう一度言おう。

相手はあなたのことを嫌いとは、一言も言っていないのだ。

「冷たくされた」=「相手が自分を嫌い」とあなたが勝手に思いこんだだけ。

まずこのことにあなたは気づく必要がある。

行動は単なる行動である

相談相手から冷たくされる。確かにそれは悲しいことだ。しかしこういう時はもう一度考えてほしい。

相手は本当にあなたに冷たい態度をとったのか?あなたがそう感じただけかもしれない(相手はそのつもりがないかもしれない)

相手が冷たい態度をとったとしても。たまたま機嫌が悪かっただけかもしれない。

そう。相手がとった行動と、あなたへの気持ちは別問題なのだ。

このことに気づこう。

だから相手のとった行動に、いちいちあなたは傷つく必要はない。

誰かを飲み会に誘って断られても、予定があっただけかもしれない。

駅で誰かがぶつかってきても、その人は急いでいてまわりに目が行き届かなかっただけかもしれない。

目があって無視されても。その人は目が悪くてあなただと気がつかなかったのかもしれない。

そう。他人からされた行動にあなたが連想していることのほとんどがあなたの思いこみ。

そのことに気づくことが大切だなのだ。

まとめ

心について学びはじめて。最近は他人の行動に勝手に意味を加えなくなった。

他人の行為に勝手に意味をつけ加えないということ。

他人の行動に自分で勝手に思いこみで意味をつけるから、人間は事実を「問題」にしてしまう。

「あぁ、やっぱりあの人は僕のこと嫌いなんだ」と。その行動から、勝手に思いこむ。

人に冷たくされた時。話を聞いてくれなかった時。ぶつかられた時。

意味を勝手に付け加えない。

その人は単にその行動をしただけ。あなたに問題があるとは限らないのだ。

行動とその意味を切り分けられるようになると、人の行動に自動的に反応することがなくなる。

そうすると、他人の行動にイラついたり、落ちこんだりしなくなる。

僕はこの切り分けを自然とできるようになって、他人の行動に振り回されることはなくなった。

そうすると、他人の目から自由になる。

そうして、今までよりもずっと。自分の行動の幅は広がっていくのだ。

それが僕達の成長に繋がっていく。

ということで、参考にしてほしい!!!

大雪になりませんように いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

他人の行動に自分で勝手に意味をつけ加えず、事実だけを見つめてみよう!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
ココロでやせるダイエット
心屋 仁之助 和田 ゆみこ
PHP研究所
売り上げランキング: 1,520
心屋塾BeトレDVD vol.7「聴く」 (心屋塾Beトレ)
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 307,959

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック