人生を楽に生きる極意-「だめんず・うぉ〜か〜」から学んだこと

5年前に比べると今の僕は天国のような世界に生きている。

一体僕に何が起きたのか。きっかけは心屋さんの本に出会ったこと。

そして心の世界を探求していった結果、一つのキーワードにたどり着いた。

それは「許可」だ。

今日は有名なマンガにあったシーンを題材に書いていくとしよう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

ずっと記憶に残っているあるセリフ

昔「だめんず・うぉ〜か〜」をよく読んでいた時期があった。

だめんず・うぉ~か~(1) (SPA!コミックス)
扶桑社 (2013-02-22)
売り上げランキング: 103,951

同書で「だめんず」とされる人物が言い放ったセリフが未だに印象に残っている。

「開き直っちゃえばチョロいよな、人生って」

確かそんな感じのセリフだった。これは今思えば、名言だと思う(笑)。

当時僕は大学生だった気がするが、「そりゃそうだよな〜」と思いながら、「そんなかっこ悪い生き方は嫌だ」と思ったものだ。

今思えば。当時の僕は、「かっこ悪い自分」を受け入れるのが嫌だったようだ(この辺はまた別の機会で書きたい)。

だからこそ、このセリフに強い違和感を覚えた。だからこそ、未だにこのシーンを覚えているのだろう。

人間はかっこいいし、かっこ悪い

でもどんな人間だって、かっこいい面もあるし、かっこ悪い面もある。かっこいい面だけで生きていくことはできない。

そんな当たり前のことを、つい最近まで僕は気付けなかった。

かっこ悪い面を見ないような生き方はしんどい。頑張り続ける人生だ。

そう。だから人生を楽に、楽しく生きるには。「かっこ悪くてもいい」と開き直っちゃえばいいのだ。

あのだめんずのように。

そうしてダメな自分を「許可」すること。これが人生楽しく生きる極意なのだ。

そうして自分の全てを許可すること。自分をオールOKすること。

そうすることで、あなたは格段に自由に、本当の意味であなたらしく生きていくことができる。

まとめ

開き直っちゃえば人生はチョロい。

昔の僕のように、この生き方に反発したくなる人も少なからずいるだろう。

それはそれでいいと思う。生き方は人それぞれだ。

でももしあなたが今とても苦しんでいるのなら。今の逆の行動をとってみたらいいと思うだけだ。

僕は実際にそれでうまくいった。ただそれだけ。

でもあなたに効果がないと誰が断言できるだろう。それはやってみないと誰にもわからないのだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

ビンゴ大会に参加した いつでもスタオバより

今日のメッセージ

かっこ悪い自分を受け入れると、人生は楽しい!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

だめんず・うぉ~か~(1) (SPA!コミックス)
扶桑社 (2013-02-22)
売り上げランキング: 103,951
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,450
ザ・ワーク 人生を変える4つの質問
バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル 
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13,577

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック