セミナーに行く前にちょっとだけ考えたほうがいいこと-お金と時間を浪費しないコツ

Facebookをチェックしていると、おもしろそうなセミナーがたくさん情報として流れてくる。

セミナーへ参加するのはとても楽しい。いいことだ。

でもやみくもにセミナーに参加してしまうと、お金と時間を浪費してしまうことになる。

お金と時間を浪費しないために、普段僕が意識していることを少し書いていきたい。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

それは本当に必要ですか?

最近Facebookなどでセミナーの案内とかをみて、「あ、楽しそう」と思う傍ら。僕は自分で無意識に問いかけている言葉に気がついた。

それは、「今の自分にそれが本当に必要か?」だ。

確かにセミナーは楽しい。講師の話を聞けばとても刺激にはなる。

同じ価値観の人達と交流するのもとても楽しい。

でも果たしてそこに参加して、何か新しい気づきを得られるのだろうか。僕は無意識に考えるようになっている。

要するに目的意識の問題だ。

何のために、そのセミナーに行くのか。

何かできるようになるため?

仲間を作るため?

少なくとも、この問いに自分が答えられないなら、セミナーへの参加を見合わせたほうがいいかもしれない。

お金と時間の浪費になる可能性があるからだ(楽しむためにセミナーに行きたい人はそれでいいと思う)。

僕達はすでに知っているということ

セミナーに行く時点で、あなたは本を読んだり、ある程度その分野の知識は持っているのではないだろうか。

セミナーによく行く人は、自分はもう講師から聞く話は、実は大体知っているということに気づいたほうがいい。

そう。その講師の独特の切り口は斬新かもしれないが、講師が伝えたいその理論はもうすでにわかってるはずだ。

例えばブログセミナーに何回も行っている人であれば、ブログを毎日更新する「方法」はもうすでにわかっているはず。

そう。ブログを毎日更新できるようになりたいなら、セミナーに行くのではなくて、まずはブログを書いてみたらいいのだ。

僕達がセミナーに行く理由。それは何か行動を起こしたいからだ。

であれば、理論をある程度知ったら。後は行動するのみ。

セミナーに行くこと自体は悪いことではない。

でも本当にそのセミナーを受ける必要があるのか。自分の今の目的と合致しているか。

単純に刺激を受けに行っているだけではないのか。

知識の確認になってませんか?ということだ。

この観点を満たしているなら、どんどんセミナーに行けばいいと思う。

「そのセミナーは本当に今の自分に必要か?」

今一度自分に問いかけた上で、セミナーに参加するようにしてみてはどうだろうか。

まとめ

セミナーはとても楽しいので、行きたくなってしまう気持ちは理解できる。

僕もセミナーに行ってから、ブログをスタートさせた。そういう意味で、セミナーに行くこと自体は大賛成だ。

しかしセミナーにばかり行っている人は、少し考えたほうがいいかもしれない。

自分はなぜセミナーに行くかということだ。

仲間と交流することや、楽しむこと自体が目的なら全く問題ない。

しかしあなたが何か行動できるようになりたくて、参加しているなら。

あなたに必要なことはインプットではなくて、行動してみることかもしれない。

ということで、参考にしてほしい!!!

セミナーより個人コンサルが好き いつでもスタオバより

スタオバからのメッセージ

セミナーに行く前に、「このセミナーは本当に必要か」を自分に聞いてみよう!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック