Facebookチェックはギャンブルと同じ-だからチェックせずにはいられない

最近ずっと言ってるが、僕のFacebookが大変なことになっている。

もう情報が多すぎて、全ての情報を確認することが不可能になりつつあるのだ。

Facebookを見るのはとても楽しいが、このズルズル見てしまう習慣をやめたいと思う人も多いはず。

どうしたらFacebookを見続けることをやめることができるか。

僕のエピソードを交えて、説明しよう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

Facebookを見てしまう理由

Facebookは本当におもしろい。

友達の近況を知れることに加え、ブログがアップされた情報が入ってきたり。

様々な情報が入ってくる。

その効果はメールチェックと似ている。スロットゲームのように、ごくたまに。自分にとって有用な情報が流れてくるところだ。

その「当たり」のインパクトが強いため。8割以上の情報が無意味と思いつつも、ついチェックしてしまう。

その根本には「損したくない」という心理が隠されている。

キーワードは「損してもいい」

根本の心理を理解したらFacebookを見続けることはそんなに難しくない。

「損してもいい」と腹をくくることだ。

だって冷静に考えてほしい。

あなたは世の中にある全ての情報をチェックできているわけではないのだ。

Facebookを見ている間に、テレビであなたにとって素晴らしい情報が流れているかもしれない。

Facebookを毎日見ている時間を読書に使ったほうがよほど「当たり」があるかもしれない。

Facebookを見るかわりに外を眺めてたら昔の知り合いを見つけるかもしれない。

だからもっと大きな目で見れば。はじめから損をしていない。

あなたはその時、全ての情報の中から、Facebook(という切り口で世界を)を見ていた。それだけなのだ。

だからFacebookを見ずに、「損してもいい」。

そう思えば、もっと別のことに時間が使える。もっと別の可能性が生まれる。

そのことに気づくこと。

そして僕達に必要な情報は、必要な時なキチンと目の前に現れるようになっていると信じること。

そう思えば、Facebookを見る時間を例えば10分と決めることができる。

そうすると、あなたの人生は変わっていくのだ。

まとめ

Facebookをチェックするのは楽しい。

気をつけないと30分などあっという間に過ぎている。

しかし僕達はFacebookを見ている間に、他に何かできる時間を失っていることに気づく必要がある。

Facebookを見てしまうのは、ごくたまに現れる「当たり」を見つけにいってしまうから。

見逃したらどうしよう。そう思ってしまうからだ。

でも僕達は全ての情報を網羅することはもともとできない。

だからそもそも見逃してないし、見逃してもいいということ。

その覚悟を決めることができれば、Facebookを見る時間を決めることができる。

そして他のことに時間を使うことができるようになる。

そして大丈夫。あなたに必要な情報は、あなたが必要な時に入ってくる。

もがく必要はないということ。

そう自分を信じてみよう。

ということで、参考にしてほしい!!!

明日はおやすみ♬ いつでもスタオバより

今日のメッセージ

全ての情報はチェックできない。だからあなたはそもそも情報を見逃していない!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

すごい手抜き - 今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事術 -
佐々木 正悟
ワニブックス
売り上げランキング: 3,950
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック