他人の行動と感情を切り分けると人間関係のストレスがなくなる理由

「人からあんなひどいことをされた!」

僕達が腹をたてる瞬間だ。僕も昔よく怒りを覚えていた記憶がある。

しかし怒る仕組みを知ってしまうと。

逆に人の行動によって怒りを覚えることが、ほとんどなくなる。

人間関係のストレスがほとんどなくなってくるのだ。

その仕組みは一体どうなっているのか。

今日は朝のマクドナルドのシーンから紹介しよう。

さぁ、今日も早速サイトいってみよう!!!

広告

朝のマクドナルドにて

いつも通りブログを書き終えて、ぼーっとしていると。

窓の外にあるテラス席の机の上に。アイスコーヒーの入ったカップが置きっぱなしになっている。

その時ふと僕の頭に浮かんだイメージ。

「ひどいなー。きちんとゴミ箱に捨てなきゃだめではないか」

「もっと店員を思いやるべきだよなー」

そう。そのように考える人は多いはずだ。

そしてそうした人がこの現象(カップが放置されていること)をみると、心がザワザワしてくるはずだ。

もし僕が店員なら。もう腹が立って仕方がないかもしれない。

当の本人は何を考えていたのか?

そんな感じで、僕の中でストーリーが勝手に描かれてる中、ふと思った。

当の本人は当時何を考えて、そのままにしていったのかということだ。

本人の価値観では「飲み終わったカップは店の人が捨ててくれて当然」と思ったのかもしれない。

もしかしたら単に忘れていっただけかもしれない。

そう。その人には悪意はなかったのかもしれないのだ。

店員さんや僕(当たり前だが)を不愉快にしたくて、そのままにしていったわけではないはずなのだ。

その人はその人のルールを守って、置いていっただけなのだから。

相手の行為と感情は別だということ

何を言いたかったかというと。

他人が自分に見せる行為と、その人の感情(気持ち)は別だということだ。

その人の行動がひどかったとしても。あなたを攻撃しようとしているわけではないということ。

あなたが幼い頃誰かに「ゴミをキチンと捨てなさい!」と怒られたりすると。その当時の気持ちを思い出すから、ザワザワするだけなのだ。

あの人の行為と、あなたへの敵意は別物。

そう切り分けられるようになると。もうあなたの心はザワザワすることがなくなる。

そう。心に平穏が訪れるのだ。

まとめ

僕達は他人のひどい行為をみると、勝手に体が反応してしまうのだ。

相手のひどい行為を、自分への攻撃とみなしてしまう。自動変換してしまうのだ。

しかしそれは事実ではないと気づくこと。

相手は悪意なくその行為を行っており、自分を攻撃する意図は必ずしもないということ。

そのことに気づければ、あなたの心にも平穏が訪れるはずだ。

今の僕のように。たとえ一瞬、ザワザワときても。すぐに冷静になることができるのだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

ユニクロの新しく買った服がめっちゃ暖かい いつでもスタオバより

今日のメッセージ

あの人の行動はひどいからといって、あの人がひどい人とは限らない!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
ザ・ワーク 人生を変える4つの質問
バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 16,810
心屋塾 Beトレ DVD vol.27「折れない自信を作る」
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 335,605

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック