タスク管理ツールとしてToodledoを使用している人も多いと思う。

知ってる人には当たり前の話なのだが、ToodledoでTaskChute同様に予定終了時刻(もっと言えばセクション毎の時間)が表示されるChromeの拡張機能があるので紹介しよう。

さぁ、今日もいってみよう!!!

まずToodledoとは

無料のタスク管理クラウドサービスだ(機能をアップグレードすれば有料になる)。以下のようなタスクリストが作れる。

TaskChute同様、最高のタスク管理ツールだ。僕の場合ToodledoとTaskChuteで役割を変えて使用しているが、Toodledoだけでタスク管理をするというやり方もありだと思う。

興味がある方は以前のエントリーを参考にしてほしい。
タスク管理でToodledoを使うと上手くいく理由 | いつでも スタオバ!!!
サラリーマン×Toodledo×タスクシュート | いつでも スタオバ!!!
タスク管理を簡単にするアプリ「Post To Toodledo」を紹介するよ! | いつでも スタオバ!!!

Toodledoへの登録はこちらから↓
Toodledo : A productivity tool to manage your tasks, to-dos, notes, outlines and lists

ToodledoはデフォルトではTaskChuteのように予定終了時刻やセクション毎の時間がわからない。これは非常に残念な点だ。
セクションについてはこちら↓
TaskChuteでもでてくるセクションという概念は何か | いつでも スタオバ!!!

しかし、これは今日紹介するChromeの拡張機能により、解消されるので安心してほしい。

「EndTime2 for Toodledo」でToodledoが完璧に

「EndTime2 for Toodledo」は以下のリンク先から入手可能だ。しかも無料だ!え、本当にいいんですか!?

Chrome拡張機能「EndTime2 for Toodledo」を公開しました | Toodledo Tips Blog

リンク先で以下の赤マル箇所をクリックしてダウンロードするだけだ。
endtime2

ダウンロード後、Toodledoを開くとなんと以下のように予定終了時刻とセクション毎の時間が記載されている(マルで囲っている部分にタスク毎の見積もり時間を入力しておくと、全てのタスクが終わる時刻が算出されるというわけだ)!
endtime2

この表示のおかげで、全てのタスクが完了したら何時に帰れるかわかるようになる。無理してタスクを詰めこみ、毎日挫折感いっぱいで退社するという悪習慣から脱出できるというわけだ。

まとめ

タスク管理を始めたい。でもTaskChuteを買う前にタスクリストを作るのがどんな感じだか経験したい。

そんな方はToodledoに「EndTime2 for Toodledo」を入れて使ってみよう。TaskChuteのイメージが湧くはずだ。そのままToodledoだけでタスク管理をしてみるのもよい。

しかし是非TaskChute×Toodledoというタスク管理手法を覚えてほしいとは思う。

その理由は次回以降のエントリーであらためて説明しよう。

ということで、参考にしてほしい!!!

毎日予定終了時刻とにらめっこのいつでもスタオバより

TaskChuteに興味がある方はこちら↓

関連エントリー

参考書籍

クラウド時代のタスク管理の技術
東洋経済新報社 (2013-05-02)
売り上げランキング: 28,336
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 133,681

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

日本の働き方を変えたい。
残業ゼロアドバイザー。

東証一部上場の大手金融機関で
「残業ゼロ」を33歳から実践。
組織でも残業を減らし、
全国表彰される。

個人事業主として
セミナー、
法人の「残業ゼロ」コンサルティング、
執筆活動を行ってます。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします