僕が日頃使用しているタスク管理ツールは主にTaskChuteとToodledoだ。一般的にシステムは一元化するべきと言われる。

要するに、TaskChute一つだけあればいいんじゃないのかということだ。なぜツールを2つに増やしてまでToodledoを使う必要があるのか。説明しよう。

僕が実践するタスク管理方法はこちら↓
サラリーマン×Toodledo×タスクシュート | dream4luckのいつでも 「スタオバ」!!!

Toodledoはアプリを使えば、タスクの入力が楽だ

速Todoを使えば、携帯からフリック入力で簡単にタスクが追加できる。そして5日以内ならボタン一つでタスクを実行する日を選択してToodledoにタスクを送ることができる(画面の明日と書いてある箇所だ)。
task

PCを立ち上げてTaskChuteに直接入力するよりも携帯から手軽にタスクを追加できる。これは大きなポイントだ。

なんといっても、クラウドである

Toodledoはクラウドサービスなので、タスクがいつでもどこでもみれる。フリーランスの人は関係ないかもしれないが、僕はTaskChuteを会社でしか見ないのでToodledoを使用しないとタスクを家で確認することができない。

そうすると週次レビューができないという問題が浮上する。裏ワザとしてはTaskChuteのファイルを毎日会社から家へ送るようにすれば家でもタスクは確認可能だが、手間もかかるしセキュリティレベルが高い会社では情報管理の観点から避けた方がいいだろう。

task

1日毎のタスクがボタン一つで切り替わり把握しやすい

TaskChuteは1日単位であれば問題ないが、1週間分の仕事をみようとすると画面をスクロールしなければならないので若干手間がかかる。

Toodledoの場合は工夫すればボタン一つでその日毎のタスクが一発で切り替わる。週次レビューをする際などはとても便利だ。

task

週次レビューについてはこちら↓
タスク管理にいうレビュー、スタートって何? | dream4luckのいつでも 「スタオバ」!!!

まとめ

ということで、今の僕のタスク管理手法ではToodledoは必須アイテムとなっている。
TaskChuteのサポートツールにぴったりだ。しかも無料だ(機能を追加すると有料だが僕は必要ないと思う)。

是非Toodledoを使ってタスク管理をしてみてください!!!

タスク管理をこれから始めたい人へのオススメ書籍はこちら↓

TaskChuteはこちら↓

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします