僕が移動でグリーン車を使うようになったワケ-自分の価値を認めるということ

以前新幹線でグリーン車にはじめて乗った時に感動してエントリーを書いた。

グリーン車の快適さを味わって以来、僕は新幹線や長距離の移動はグリーン車を使うようになった。

以前の自分の価値観であれば「もったいない」、「身分不相応」だったグリーン車。

今日は僕がグリーン車を利用するようになった理由を書いていこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

なぜグリーン車は最高なのか

なぜ僕がグリーン車を使うようになったのか。

それは、座り心地やその空間の居心地のよさももちろんある。

しかしもっと大切なことがある。

それは「自分にはグリーン車に乗る価値があるよー」と自分にメッセージを送ることだ。

グリーン車に乗ると、少し贅沢な気分を味わえる。この気分は、自分を大切にしている実感を得ることができる。

こうして「自分には価値があるよー」、「自分を大切にしてあげてるよー」とメッセージを自分に送ることは極めて大切なのだ。

その理由を説明していこう。

お金を使えるということが意味するもの

グリーン車に乗るなんて、「もったいない」、「身分不相応」。

以前の僕はそう思っていた。

でもそれは、「自分はグリーン車に乗る価値がない」と自分に言ってるのと同じ。

心屋仁之助さんの著書を読んで、僕はそう気づいたのだ。

自分がやりたいことにお金を使えるということ。

例えば、グリーン車に乗ることは「自分にはそれだけ価値があるんだよー」とメッセージを自分に送ることになるのだ。

このメッセージを自分の脳に送ることは、セルフイメージを高めるのに極めて有効なのだ。

自分がやりたいことや欲しいものにお金をきちんと使うこと。そうして自分を大切にしてあげること。

そうすることで、「自分には価値がある」とメッセージを潜在意識に送ることができる。

それを続けていくことで、自分の思考を少しずつ変えていく。

そうすると僕達の世界の見え方が変わってくる。行動も変わっていく。

そうして目の前に現れる現実が変わっていくというロジックなのだ。

だから「思考が先で、現実が後」と言われるのだ。

お金を使って自分の心が豊かになれば、目の前の現実が変わっていくということだ。

だからこそ、自分がやりたいこと、欲しいものにきちんとお金を使えることはとても大切なのだ。

まとめ

節約するのが美徳。贅沢は敵。お金は極力使わないほうがいい。

そんな価値観が日本では「常識」と言えるだろう。

僕も以前はそう思っていた。

しかし心や潜在意識を勉強すればするほど。その常識の逆をいくこと。それが自分にとっては正解ということに気づいた。

そう。「思考が先、現実が後」なのだ。

豊かになりたいなら、まずは今の自分の心を豊かにすること。

日常でガマンをせず、自由に生きはじめること。そうすることで、目の前の現実が変わりはじめる。

このロジックを実証すべく、僕はこれからも日々自由に生きていくつもりだ。

ということで、参考してほしい!!!

お、体調回復してきたか? いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

豊かになるためには、まず今の自分の心を豊かにしよう!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック