執着していることを捨てること-「ない」という欠乏感から「ある」という豊かさを感じるために必要なこと

「お金持ち」や「すごい人」になっても僕達の心は本当の意味で満たされないというテーマで昨日はエントリーを書きました。

僕達の心は外的要因からでは満たされず、自分の内面、つまり「感じ方」を変えることでしか自分の心は満たせないということです。

ではどうしたら「感じ方」を変えることができるのか。

僕の経験をふまえ、少し書いていこうと思います。

広告

執着しているものを「捨てる」ことで欠乏感は解消される

感じ方を変えるとは、「ないと思っていたものが、実はあった!」と感じることだと思ってます。

僕達は多かれ少なかれ、何かに対して欠乏感を持っています。

  • お金がない
  • 時間がない
  • 愛されていない

何かが「ない」、「足りない」と感じているわけです。

僕の経験上、あることをすると、この「ない」が「実はあったんだぁー」と気づきます。

僕はこのことを「見え方が変わる」という表現を使います。

では「あること」とは、一体なんなのか。

それは自分が執着しているものを「捨てる」ことです。

僕のケースを少しお話しましょう。

僕の場合、まずインプットすることに執着してました。

これは今思えば「自分は大したことない」、「すごい人と比べて実力が足りない」という欠乏感があったのだと思います。

成長に執着していたとも言えるかもしれません。

そんな僕は一時期インプットすることをやめました。「情報ダイエット」を実践したのです。

そうしたら「インプットをしなくても、自分は大丈夫」という自信が生まれてきました。

「折れない自信」と言われるものです。

もう一つ例をあげましょう。

毎日やることが多すぎて「時間がない」と思ってました。

原因を考えたところ、自分の中で「やらなければならない」が多すぎることに気がつきました。

そして「やらなければならない」を捨てました。

その時やりたいと思ったことだけをやるようにしたのです。しかも多くのことをやろうとするのをやめました。

そうしたら時間は「ある」と思え、ゆとりある生活を送れるようになりました。

もう一つ。

一部の人達から「愛されていない」という欠乏感もありました。みんなに愛されることに執着していたのです。

その結果、その人達から「嫌われたくなくて」自分の気持ちを優先できず、過度に他人の目線を気にして生きていました。

そこで「嫌われたくない」という気持ちを捨てました。「嫌われてもいいや」と思ったのです。

自分の生き方を貫くことを決めたのです。自分の気持ちを優先することに決めました。

そうしたら他人の目線がそれほど気にならなくなりました。「愛されていない」という欠乏感も不思議となくなりました。

「求めなくなったから」とも言えるかもしれません。

そう。自分が執着しているもの、つまり「ない」と思ってることを捨てると、「ある」という豊かさに気づくことになるのです。

しかし、です。

人はこの「捨てる」がなかなかできないのです。この生き方にはものすごい覚悟を伴います。

ではどうしたら覚悟を決めて一歩踏み出していけるのか。

それについてはまた明日以降書いていこうと思います。続きが気になる方は関連リンクをみてください。

ヒントを散りばめておきますね。

今日からあなたにできること

自分が執着しているものは何か。まず考えてみよう。

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

心屋塾BeトレDVD vol.21 「執着を手放す」
心屋仁之助

売り上げランキング: 487,280

がんばらない成長論
がんばらない成長論

posted with amazlet at 16.05.24
学研プラス (2016-03-01)
売り上げランキング: 2,213
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 12,566

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック