心を落ち着かせる「求めない」という言葉の不思議-加島祥造さんの「求めない」から学ぶ

最近読んだ本ですが、もうすでに二回も読んでしまいました。

加島祥造さんの「求めない」。

この本はただ単純に求めないという話ではありません。

人間はどうしても求めてしまう。五欲、煩悩を捨てることはできない。

例えば体が食べ物を求めてもよいのです。しかし、頭で求めるをやめようということ。

人が体で求めてしまう欲求を肯定しつつ、不必要に頭で求めてしまうことをやめよう。

そんなメッセージを伝えようとしている本なのです。

広告

外ではなく、自分の内に取り組んでいく

僕達の目の前に問題が現れる時。

それは自分が何かに求めていたこと対して(事前の期待)、現実がその通りにならなかったから問題が生じるわけです。

だから求めない。少なくとも頭では求めないことです。

理屈ではわかるけど、そんな簡単に気持ちの整理ができない?

気持ちはわかります。僕だってそうですよ。

そんな時は「求めない」と口に出して唱えてみてください。

なんか少し自分の中の心と繋がる感覚を覚えませんか?

これは僕だけかもしれませんが、「求めない」と唱えるだけで、自分の内に入っていく感覚があります。

少し落ち着くのです。

そう。僕達は意識をいつも外側に向けすぎなのではないでしょうか。

少なくとも僕はそうです。人にどう見られるか、かなり気にしてしまう傾向があります。

でも最近気づきました。

目の前の問題は自分が作り出しているものである以上、集中すべきは自分の内への取り組みだということに。

自分の内と向き合うことに意識を集中するのです。

そうすると、僕の場合は意識が中にいくので、一時的に外の世界を気にすることがなくなります。

求めないという言葉を唱えると、より内側に入っていくことができます。

人に怒りを覚えてしまう時。何者かになろうと、現実に焦りを感じてしまう時。

「求めない」とつぶやいてみてください。思考をストップするだけでいいのです。

それだけで少しは気持ちが落ち着くのではないでしょうか。

僕自身もまだはじめたばかり。でもとてもいい方向に流れていく予感がしています。

今日からあなたができること

まずは「求めない」とつぶやいてみましょう。どんな気持ちがしますか?

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

『求めない』 加島祥造
『求めない』 加島祥造

posted with amazlet at 16.05.08
加島 祥造
小学館
売り上げランキング: 27,920
ザ・ワーク 人生を変える4つの質問
バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル 
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13,764
タオを生きる---あるがままを受け入れる81の言葉
バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 29,167

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック