「お金持ち」や「すごい人」になっても僕達の心が満たされないのはつまるところ「安心」を求めているだけだから

最近考えてることです。

僕達は「すごい人」や、「お金持ち」になりたいと思う。

ではどうして「すごい人」や「お金持ち」になりたいと思うのだろう。

あなたは考えたことがありますか?

広告

欲しいものは「安心」

「すごい人」や「お金持ち」になることが目的ではないと思うのです。

「すごい人」、「お金持ち」になれば

  • 大切に扱われる
  • 愛される
  • お金に困らない生活ができる

と思ってるからではないでしょうか。

そう。僕達はつまるところ「安心」を手に入れたいのではないか。

そう思うのです。

外的要因では僕達の心は満たされない

でも冷静になって考えてみてください。

「すごい人」、「お金持ち」になったら本当に「安心」が手に入るのでしょうか?

僕にはそうは思えないのです。

それは自分の心を満たすものは、外的要因ではないとの結論に僕は至ったからです。

例えば5年前の僕から見たら、今の僕は「すごい人」になりました。

残業もせずにゆとりある日々を送っています。ブログも毎日書いて、楽しい日々を過ごしています。

そして先日。

昔の自分からでは考えられない夢が一つ実現することになりました。

その時に気づいたのです。自分を満たすのは外的要因でないということに。

なぜそう思ったのか。

それは自分が叶える夢、実現することというのは、もうすでに自分が「許可」しているからこそ叶うものと気づいたからです。

つまり、自分の夢が叶うその時点では、昔「夢」だったことは感覚的には自分の中で「夢」ではなくなっているのです。

自分ではその夢が叶うことを既に「許可」しているからです。

もう少し噛み砕いて言うと、5年前の自分からしたら「すごい」ことも、今の自分からしたら「ちょっと嬉しいふつうのこと」くらいになってしまうということです。

ということは、です。

これから今僕が思い描いている「夢」が実現したところで、同じことが起きるのが容易に想像できるわけです。

結局、「もっともっと」と求めることになる。終わりがありません。

だから外的要因が自分の気持ちを満たしてくれるわけではないと、あらためて気づいたのです。

今すでにある豊かさに気づく

だからこそ、僕達はもっと今すでにある豊かさに気づく必要があるのです。

  • 今でも大切に扱われていること
  • 今でも愛されていること
  • 今でも豊かに暮らせること

「すごい人」や「お金持ち」になれば、表面的には大切に扱われるかもしれません。愛されるかもしれません。

でも、あなたの心は満たされないのです。

だからこそ、自分の内面、「感じ方」を変える必要があるのです。

ではどうしたら「感じ方」を変えることができるか。

それは明日以降書いていきたいと思います。

まず知ることが大切です。

「続きが気になる!」という方は以下の関連リンクを見てみてくださいね。

ヒントがたくさん隠れてます。

今日からあなたにできること

外的要因では自分の心は満たされないことを知ろう!

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

もっとも深いところで、すでに受け容れられている―普段の生活の中で根本的に目覚める(覚醒ブックス)
ジェフ・フォスター
ナチュラルスピリット
売り上げランキング: 66,117
一生お金に困らない生き方
PHP研究所 (2015-04-17)
売り上げランキング: 1,485
タオを生きる---あるがままを受け入れる81の言葉
バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13,425

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック