今の「犠牲」の先にすばらしい未来があるのではなく、今の「楽しみ」の先にすばらしい未来がある

週末はマンガ「アイアムアヒーロー」を読破していてブログを更新しませんでした。

この作品はヤバいです。一巻を読んだら「一巻の終わり」です。止まりません。

時間がない人は読むのをやめときましょう。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2012-10-19)
売り上げランキング: 340

話を元に戻します。

アイアムアヒーローを読みはじめて。

昔の僕なら得意のタスク管理的発想で途中で読むのをやめて、ブログを書いていたと思います。

というか、厳密に言えば昨日も更新するチャンスはありました。

午後10時に娘が寝た後、睡眠を優先するか、ブログを書くかで迷いました。

結果的には睡眠を優先することにしました。

広告

「やらなければならない」生活からの脱却

最近意識していることは、自分の中の「やりたい」を優先すること。「やらなければならない」をなくしていくことです。

マンガを読みたくなったら、マンガを読む。映画を見たくなったら映画をみる。ぼーっとしたくなったら、ぼーっとする。

この時間の使い方は、昔僕が思い描いていた理想の時間の使い方に限りなく近いわけです。

ブログを「書かなければならない」など、「〜をしなければならない」というのをやめるようにしています。

なぜ僕がこのスタイルで時間を使うようになったか。

それは、ゆとりをもって生活をするには「先に」ゆとりをもった時間の使い方をすることが大切だと思っているからです。

自分の中の「好き」が明確なら、ムダな時間は過ごさない

自分の「やりたい」気持ちを優先すると、ムダにたくさんの時間を過ごしてしまうとあなたは思いませんか。

少なくとも今の僕は、ただ惰性でダラダラしたり、ゲームをするということはありません。

本も読みたくなるし、ブログも今書いているように、書きたくなります。

いずれも好きだからです。

本で学ぶことも好きだし、ブログを通じて自分が学んだことや体験したことを人に伝えるのが好きだと気づいたからです。

ある程度自分の中の探求をすすめると、こうして自分の中で本当にやりたいことが明確になってくるのではないかと思います。

今楽しんでやってることの延長にすばらしい未来がある

最近ある人にあらためて言われたのですが、僕達は明日死ぬかもわからないのです。

そう考えてから、将来のために今を犠牲にすることにあらためて抵抗を覚えるようになりました。

というか、今の犠牲の延長にすばらしい未来があるのでしょうか?

むしろ今楽しんでやってることの延長にすばらしい未来があると、今の僕には思えるのです。

例えば昔の僕は英検1級を取ろうと英語を勉強していた時期がありました。

しかしどうしても勉強が続かなかったのです。英語を勉強するより、本を読んだり、ブログを書きたかった。

でも「将来のために」資格をとらなければならないと思ってたのです。

しかしある時に勉強が続かないのは、「やりたくないから」だと気付いた時に、勉強をやめました。

あなたが今を犠牲にしてやっていると思っていることは、本当にあなたの将来に役立つのでしょうか?

それは本当にあなたが「やりたい」と思って、やっていることなのでしょうか?

今一度自分に問いかけてみてはどうでしょうか。

今楽しんでやってることの延長にすばらしい未来が待っている。

マンガを読んでいる時でさえ、今の僕にはそう思えるのです。

自分が本当に今やりたいことをやっていきましょう。今すぐ会社を辞める必要はありません。

毎日自分の出来る範囲で、少しずつでいいのですから。

今日からあなたにできること

本当はやりたくなくてやり続けていることを今後続けていく必要があるのか?今一度自問自答してみよう。

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 9,663
「好きなこと」だけして生きていく。 ガマンが人生を閉じ込める
PHP研究所 (2015-02-13)
売り上げランキング: 2,154
アイアムアヒーロー コミック 1-20巻セット (ビッグコミックス)
花沢 健吾
小学館
売り上げランキング: 4,061

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック