「ただ信じてやってみる」で人生は変わる-本を読んでも行動に移せない理由

僕達は何らかの行動を起こすために本を読んでいることは以前のエントリーで書いた。

経験者の体験を読んでも、行動に移せない。そんな場合はどうしたらいいのか。

本日はそんな悩みを抱えるあなたへのエントリー。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

「信じてやってみる」ということ

一言で言うと、これに尽きる。

「信じてやってみる」

ここ数年、このことの大切さを僕は実感する。

著者の体験を本を読んで、「ふーん」で終わるのはあまりにもったいないのだ。

僕達は行動するために本を読んでいる。

その本の著者に少なくとも実績があるのなら。あるいはあなたがその人のように生きたいなら。

その人が「こうしたほうがいいよ」と言っていることは試してみる価値はある。

そういうことを何もやらずに、「人生を変えよう」というのはさすがに無理があるからだ。

判断基準は「その人みたいになりたいか」

本を読んで、その著者が「これやってみるといいよ」と言ったことは。

その著者が、あなたの憧れ。将来こんな風になりたいな。

そう思ったら、「とりあえず、信じてやってみる」。

僕の場合、これが一つの判断基準だ。

一万円を寄付する神社ミッションをやった時も、この判断基準だった。

憧れの人が言ってることだから、その通りやれば必ず上手くいくなんてことはない。

そんな保証はどこにもない。

しかし勇気を出して行動を起こしたということ。この経験は消えないのだ。

そしてこの経験にこそ、価値がある。

この経験値を高めれば、どんどん行動していけるようになるからだ。

だから「信じてやってみる」が大切なのだ。

とりあえず何かをやってみれば、何かが変わるかもしれない。少なくともあなたには行動したという経験は残る。

何もしなければ、あなたの人生は変わらないまま。

どちらを選択するかは、僕には明らかのように見える。

できない理由を考えない

行動しようとする時、あなたの脳はそれをやらないほうがいい理由、できない理由を一気に挙げはじめる。

脳は実に巧妙にできない理由を考える。つい最近の僕もこれには唖然とした。

頭のいい人ほど、できない理由が見えてしまう。だから余計に行動に移すことができなくなる。

でも冒頭で述べた通りだ。

根拠なんてない。ただ信じて、やってみる。

たった20秒でいい。勇気を出して、飛び込んでみよう。

そうすると、全く予想していないような素晴らしい結果が目の前に現れることがある。

そうした経験で、僕達の人生は変わっていくのだ。

まとめ

本を読んで。人の話を聞いて。

行動に移さないのは、あまりにももったいない。

行動を起こすときは確かに怖い。しかし僕達の人生を変えるには、行動するしかないのだ。

そしてどんなに人の経験を聞いても。背中を押してもらえても。

絶対に大丈夫という確信を得ることは永遠にできない。

だからとりあえず「信じてやってみる」のだ。

そして最後は20秒でいい。勇気を振りしぼって、「エイや!」と飛び込む。

安心してほしい。あなたが思ってるようなひどい結果にはならない。

そして何より。あなたは行動したという経験値を得ることができる。そしてそれがあなたの自信につながるのだ。

そんな勇気を出して生きている人に、きっと女神は微笑む。

そう信じて、生きていこう。

ということで、参考にしてほしい!!!

今日はものくろさんのグループレッスン! いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

本を読んで「いけそう」と思ったら、とりあえず信じてやってみよう!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
人は誰でも講師になれる
中谷 彰宏
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 31,267
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック