できない言い訳は「やりたい」サイン-かっこ悪い自分の本音と向き合うということ

昨日のエントリーで、勉強会を開催したかったという本当の自分の気持ちにあらためて気づくことができた。

「あらためて」と書いたのは。

自分では自分の気持ちをわかっていたつもりだったのが、実は全然わかっていなかったことに気づいたからだ。

知らぬ間に自分をごまかして、勉強会を先送りしようとしていた自分に気づいた。

これはけっこう衝撃だった。

一体僕に何が起きていたのか。その経験を書いておこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

人はできない言い訳を巧妙に考える

昨日自分でブログエントリーを書いている途中に気づいた。

僕は勉強会を開催したいと思っていたのだ。

そして開催しようと思えば、簡単に実行できるのに。

育児で時間がないことや、自分がやりたいテーマを絞ることができないことを理由に。

「まだ先の話かなー」と思っていた。

しかし昨日エントリーで書いたように。中谷彰宏さんの書籍を読んで。

自分の本音に気づいてなかったことに気づかされた。

自分の本音

「人が集まらなかったらどうしよう」。

「自分の勉強会には価値がないって思われたらどうしよう」

僕の本音はここだったのだ。

しかし不思議なことに。自分ができない言い訳を考えている時は、自分の本音に気づいていないのだ。

自分の本音よりも、できない言い訳をもっともらしくあげていく。

その証拠に。勉強会を「やる」と決めたら、めちゃくちゃワクワクしている自分がいた。

その時僕ははじめて、自分の本音に気づくことができた。

これはかなりの衝撃だった。

できない言い訳を並べはじめたら

今回学んだこと。

それはできない言い訳を並べはじめたら、それはやりたいサインかもしれないということだ。

自分の本音は何なのか。冷静に考えてみるといい。

そうしてはじめて。

できない理由とは別の、かっこわるい自分の本音と向き合うことになる。

そしてその本音と向き合った後に、勇気をだして「エイやっ」と覚悟を決めること。

そうすると。ワクワクする、素晴らしい世界が待っている。

自分がやりたいと思っていたことを、やれる喜び。こんなにワクワクすることはない。

やりたいことって、大抵のことは簡単にできる。脳は巧妙にできない理由を考えるのだ。

だからこそやりたいことは本音と向き合った上で、「先に決めてしまう」のがいい。

また一つ、大きな気づきを得ることができた。

まとめ

脳は巧妙にできない言い訳を考える。

このことを僕は知識として知っていて、他人がよくそうしていることを目撃してきた。

しかし今回。自分も同じことをしていることに気づいて、びっくりしている。

油断もスキもあったものではない。

あなたもできない言い訳ばかり、考えていることはないだろうか。

できない理由は本当はものすごくカッコ悪いことかもしれない。

それでも勇気をだして、やりたいことをやってみること。

そんな人に女神は微笑むのだろう。

ということで、参考にしてほしい!!!

まずは会場を探している いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

できない言い訳を考えはじめたら、「やる」と先に決めてしまおう!

こちらのエントリーもいかがでしょう

あなたにオススメ

人は誰でも講師になれる
中谷 彰宏
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 31,267
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148

いつでもスタオバってどんな人

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック