たった一つの質問でわかってしまう、あなたの仕事の効率

あなたが仕事を効率良くこなすことができる人物か否か。

それはたった一つの質問で、僕は判別することができる。

果たしてあなたはその質問に無事答えることができるだろうか。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

その質問とは

「本当に今日中にやらなければならない仕事は、今日どれだけありますか?」

この問いにすぐに答えられない人は、自分の意図に反して日々忙しく過ごしている人だ。

なぜそれがわかるか。

それはその人が仕事に優先順位をつけずに仕事をしていることがわかってしまうからだ。

これはすなわち、仕事の全体像が見えていないとも言える。

どういうことか。もう少し説明しよう。

優先順位をつける意味

よほど暇な人は別として。僕達の仕事はほぼ無限にあると言っていい。

その一方、その日中に本当にやらなければならない仕事は実はほとんどない。

あまりにも多くの人がこの事実に気づいていない。

なぜか。

それは多くの人が、仕事の優先順位をしっかり決めきれていないからだ。

ではなぜ多くの人が仕事の優先順位をしっかり決めることができないのか。

理由は簡単だ。

仕事の全体像、すなわち、全てのタスクを把握していないからだ。

ほぼ無限にある自分の仕事を全て把握していないから、今日中に本当にやらなければならないことが明確にならない。

そしてまた多くの人が、この「自分の仕事を全て把握すること」がそんなに難しくないことに気づいていない。

仕事をたくさん抱えてても、余裕でいられるワケ

単純なことだ。

目の覚めるような記憶力はいらない。頭の外に全てのタスクを記録しておけばいい。

そうして仕事の全体像を把握できれば。今日中に本当にやらなければならない仕事だけ、TaskChuteやたすくまなどのタスク管理ツールに抽出すればいいのだ。

無限の仕事の中から、今日中にやることだけを抽出する。

そしてその中でも。本当に今日中にやらなければならない仕事は、1日に3つあるかないかだということ。

この事実を知ることができた人は、仕事をたくさん抱えていても、余裕でいられるのだ。

そしてこれはタスク管理をしていれば、決して難しいことではない。

だからこそ、僕はタスク管理が必要だと考えているのだ。

まとめ

忙しい、忙しいと毎日過ごしている人は、仕事の優先順位がつけられていない人だ。

仕事の効率は、仕事の優先順位を見極められるかどうかで決まる。

そして今の時代、僕達はこの優先順位を簡単に決められる時代にいる。

そう。タスク管理をはじめれば。記憶力を全く使わずに、全てのタスクを把握することができる。

だからこそ、今日中にやらなければならない仕事(優先順位)が明確になる。

ここにタスク管理をする意義があると僕は思っている。

タスク管理をはじめてしまうと、「もう戻れない」と感じる理由はここにあるのだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

忘年会続きで完全に睡眠不足 いつでもスタオバより

今日のメッセージ

仕事の効率は優先順位の見極めで決まる!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

すごい手抜き - 今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事術 -
佐々木 正悟
ワニブックス
売り上げランキング: 3,950
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック