サラリーマンがやりたくない仕事をやらずにすむ方法とは?

あなたが認識しているかどうかは別として。

僕達には得意な仕事と、そうでない仕事がある。そして得意な仕事は概ねあなたは好きなはずだし、そうでない仕事はおそらく嫌いなはずだ。

そして僕たちは得意な、好きな仕事(以後「やりたい仕事」)だけをやるのが一番好ましい状態だ。

あなたはサラリーマンだからといって、このことをあきらめていないだろうか。

今日はこんなテーマで書いていこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

やりたくない仕事を明確にする

まず最初におこなうこと。

それはあなたが苦手な、嫌いな仕事(「やりたくない仕事」)を紙に書き出すことだ。

これは神田昌典さんの「非常識な成功法則」にも書いてあった手法。

非常識な成功法則【新装版】
神田昌典
フォレスト出版
売り上げランキング: 1,194

紙に書き出すことで、自分がやりたくない仕事が明確になる。

あなたは自分がやりたくない仕事をわかっているようで、わかっていないことに気づくことができるはずだ。

やりたい仕事を明確にする

やりたくない仕事を書き出すと、やりたい仕事が明確になる。

次はあなたがやりたい仕事を紙に書き出すのだ。

やりたくない仕事と、やりたい仕事を書き出して明確化する。

これが次からのアクションに大切になっていく。

やりたい仕事を自ら引き受けていく

次にあなたがやること。それはやりたい仕事を引き受けていくことだ。

特に職場の他のメンバーがその仕事で困っている時に、それを引き受けるのだ。

職場のメンバーが忙しそうで困っている時、あなたが得意な仕事でそのメンバーが困ってるなら、それを引き受ける。

これを繰り返していくとどうなるか。

あなたの仕事の中で、やりたい仕事をやる割合がどんどん高くなってくるのだ。

あなたの上司がよほど無能でなければ、あなたが仕事を引き受けていることはわかるはずだ。

そうすると、その上司はあなたにあらたに負荷をかけようとしなくなる。すなわち、やりたくない仕事があなたに回される可能性が低くなるのだ。

もし万が一回されたとしても、「〜〜さんが困っていたので、〜〜の仕事を引き受けてます。なので今はちょっと無理です」と断ることもできる。

周りのメンバーからも「あの人は仕事を引き受けてくれる」ということで、評価も高まる。

自分がやりたい仕事をたくさんできて、評価も高まる。

どうだろうか。そう悪い話ではないと思うのだ。

まとめ

やりたい仕事とは、あなたが得意な仕事や、好きな仕事だ。

そういった仕事の比重があなたの仕事の中で多くなれば当然成果も上がるし、ストレスも減っていく。

サラリーマンの仕事の中でも、やりたい仕事はあるというのが僕の持論だ。

だから少なくともあなたがサラリーマンでいる間は、やりたい仕事の比重を高めていくこと。

これを追求していくことこそ、豊かな人生につながっていく。

僕たちは不満だけを言ってないで、こういった行動を起こしていくしかない。

ということで、参考にしてほしい!!!

映画クローズZEROが意外におもしろい いつでもスタオバより

今日のメッセージ

やりたい仕事を他人から引き取って、やりたい仕事の比重を高めていこう!

いつでもスタオバってどんな人?

こんなエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック