ブログで何度も同じことを書き続けることが大切な理由

ここ最近、僕の大好きなブロガーの皆さんに、ある共通点があることに気づいた。

今日のテーマはこれ。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告


本を読んだり、セミナーで聞いて学んだこと。

学んだ内容が深いと、その時「そうだよね」って、わかったつもりになる。

そして後日(数ヶ月後になることもある)、「あぁ、あれってそういうことだったのかぁー」って腑に落ちる時がみんなもあると思う。

学んだことを理解するということは、ここまで理解してはじめて本当の意味でそのことを「わかった」と言える。

こうして僕らが「わかった」ことを、一回ブログエントリーに書いてみても、読み手は以前のあなたと同じ。

そう。「そうだよね」の理解度までしか理解できないわけだ。

だから「わかった」人は、それを伝える場合、何度も何度も切り口を変えて、色んな例を出しながら。

読み手が「わかった!」になるようにエントリーを書いていい。

これが僕が好きなブロガーの共通点ってことを、僕も「わかった」。

ということで、今後はこの手法もガンガン使っていくことにする。

ということで参考にしてほしい!!!

これはテストエントリー いつでもスタオバより

いつでもスタオバについて

こんなエントリーもいかがでしょう

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック