ブログを毎日書けるようになってきたけど、どうも自分なりのスタイルができていないように感じて悩んでいませんか?

あなたの気持ち、よくわかります。この記事を書いている僕もまだ少し悩んでいるくらいです(笑)。

どんな風にブログを書いていったら読み手の役に立つ記事がかけるようになるのか。もんもんとしてしまいますよね。僕もそういう時はけっこうあります。ただ、最近自分なりに方向性が見えてきました。

僕はブログ記事には大きく2つの型があると思っています。「記者型」と「教祖型」とここでは呼びたいと思います。

そしてブログの書き方に悩んだら、自分がブログの記事を書こうとする時にどちらの型の記事を書くのか。

意識して書くと自分のスタイルが見つかっていく。そう考えています。


記者型の記事とは、簡単にいえば読み手に情報を提供することを目的とする記事です。たとえば以下のような記事ですね。

こういった記事の特徴は、ブログを書いている人の個性がほとんどない点です。

あくまで読み手に情報を提供することを目的としており、複数の情報が比較されているとより読み手の役に立つ記事になります。たとえば、各携帯メーカーの通話料金比較などの記事はその典型です。

他人に役立つ記事を書ければ検索流入がきやすいというメリットがあります。また情報の内容によっては、一度書けばずっと永続的にアクセスがくるいわゆる「ストック記事」となり、安定したアクセスにつながります。

一方、教祖型の記事は、たとえば以下のような記事ですね。

簡単にいえば、書き手の考えや主張を伝える記事です。こちらはその書き手の考えを発信することで、ファンになってもらいやすくなるというメリットがあります。

更新頻度を高めることで、読み手はあなたのブログを見に来てくれるようになるというメリットがあります。

読み手は記者型のように検索流入からくるというよりは、あなたのブログをわざわざ見にきてくれるようになるでしょう。

あなたもお気付きの通り、僕のこのブログは教祖型の記事をベースに書いています。

一方、今はこのブログの他にもう一つブログをやっていて、そちらは記者型の記事を書くようにしています。

記者型ブログも半年くらい続けてきましたが、どうも僕はあまり記者型は向いていないように思ってきました。その理由は、あまり楽しくないからです。

ブログの記事を書く時は、自分がどちらの性質の記事を書くのか意識して書いてみてはどうでしょうか。そのうえで、自分がどちらに向いているかの一つの基準を楽しさにおいてみるといいかもしれませんね。

今日はこの辺にしておきましょう。それでは、また!

(所要時間35分)

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします