最近の僕はどんどんがんばらなくなっている。

⚫︎タスク管理をストレスなく続けていくための方法 | いつでも スタオバ!!!

仕事をする時間が限られているので、限られた時間でどのように成果を最大に上げるのか。必然的に頭を使うことになる。

そうすると仕事を選ぶようになってくる。「自分にしかできない仕事」をやる割合を増やすようになる。

今日のテーマは「自分にしかできない仕事」をどうやって増やしていくか。これでいこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

「自分でなくてもいい仕事」があなたの時間を奪う

「自分にしかできない仕事」というのは、最初のうちはあまりありませんが、自分のレベルが高くなるにつれて、増えていきます。(中略)性格的に優柔不断な人や、「いい人」は、いつも時間に追われることになりがちですが。それは「自分でなくてもいい仕事」を引き受けてしまいがちだからかもしれません。

本田健さんの最新刊「ずっとうまくいく人の習慣」からの引用だ。

そう。「自分でなくてもいい仕事」をいかに減らしていくか。それが、「自分にしかできない仕事」に特化するためのコツだ。

あなたの仕事における「自分にしかできない仕事」の比重はどれくらいだろうか。

上手にお願いするための魔法の言葉を見つける

では「自分でなくてもいい仕事」を減らすためにどうすればいいのか。そんな疑問も湧くだろう。

一番簡単な方法は、他の人にお願いすることだ。

大切なのは、人にお願いする時の方法。自分も気持ちよくお願いできて、相手も気持ちよく応じてくれる。そんな頼み方が理想的。

僕の場合、その魔法の言葉は「(ちょっと困ってまして)助けて欲しいんですけど」とか、「力を貸して欲しいんですけど」だ。

こんな頼み方をされて、あからさまに嫌な顔をする人はいないだろう。僕の経験的にも「仕方ない、助けてあげよう」という感じで協力してくれる人がほとんど。

自分も気持ちよくお願いできて、一石二鳥なのだ。

人に仕事をお願いするからこそ、「自分にしかできない仕事」により集中し、成果を出すことができる。

それが結果的に組織に貢献することになり、みんなハッピー。そう考えれば、罪悪感もなくなるのだ。

あなたにとっての魔法の言葉はなんだろうか。あなたも是非見つけてみてほしい。

まとめ

どんな人でも得意なこと、苦手なことがある。僕なんかそれが「超顕著」だ。

僕が苦手なことを、僕の周りのメンバーは倍以上の速度で仕上げることができたりする。

であれば、その仕事はそのメンバーに任せた方が組織としては圧倒的に効率がよいのだ。

人に迷惑をかけることを恐れて、 全部自分でやろうとすると、結局誰もハッピーにならない。

そのことに早く気付くべきなのだ。

全部自分でやろうとする人は結局、人を信じていないとも言える。

全部自分でやってしまう人が組織にいると。世話好きな女性がダメ男を製造してしまうように、あなたの周りのメンバーもどんどんダメになっていく。

周りのメンバーを頼ることは必ずしも悪いことではないのだ。

「頼らせてあげる」のも大切なのだ。自分が必要とされているという感覚が、人には必要だからだ。

人に上手にお願いして、みんなでハッピーになる。それならそれでいい。むしろそれがいいじゃないか!

ということで、参考にしてほしい!!!

一人でできることには限界があると痛感している いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリー

⚫︎「がんばらなければならない」という思い込みを上手に外す方法 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎なぜ仕事のログを取ることがストレスフリーに繋がるのか | いつでも スタオバ!!!

⚫︎僕が実践する、仕事の最短ルートを見つけるための方法 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎「がんばる」をやめても仕事を進めていくための方法 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎タスク管理をより活かし、本当の意味でストレスフリーになるための方法 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎時間があってもやりたいことが前に進まない理由 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎「タスクの先送りをもうやめたい」あなたに読んでほしいエントリー | いつでも スタオバ!!!

⚫︎サラリーマンがToodledoとiPhoneアプリ「たすくま」でタスク管理を始める方法 | いつでも スタオバ!!!

あなたにオススメの本はこちら

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

「働き方を変える技術」を
現役会社員の立場から
教えています。

東証一部上場の大手金融機関で
「残業ゼロ」
を33歳から実践。

個人事業主としてセミナー、
執筆活動も行ってます。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします