メールボックスを空にする技術

最近はメールが毎日大量に入ってきて、メールの処理だけで1日が終わってしまいそうだ。

そう思う人も多いのではないだろうか。

メールボックスの受信箱がメールでいっぱいだと。メールボックスを開く度に、ストレスを感じるようになる。

この状態で目の前の仕事に集中するのは難しいだろう。どうしたらこの状況を打破できるのか。

今日はこのテーマでいってみようと思う。
さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

不要なメールは即削除する

この習慣は大切だ。受信するメールが全て大切なわけではない。

受信したメールが特に重要でなければ、そのメールはすぐに削除してしまおう。

特に宛先が自分だけでない場合は、最悪は他人のメールボックスにメールが残ることになる。

致命傷を負うことはないなら、削除する。

この習慣を継続することで、あなたのメールボックス内のメール数は激減する。

メールの内容から削除すべきかどうか迷ったら。どうするか、見ていこう。

保管場所として、INBOXを作成する

メールの内容を見て、削除すべきかどうか悩んだ時。そんな時のために、メールの受信箱とは別にINBOXを作ってしまおう。

この場合INBOXとは、メールの保存場所を意味する。

例えば社内のルールが変更になった旨のメールが来たとしよう。

この情報は捨ててしまうわけにはいかない。しかし受信箱に置いておく必要もない。

その場合は作成したINBOXにそのメールは放り込んでおくのだ。

そうすることでそのメールはとりあえず、あなたの視界から消える。そして必要な時はINBOXを見に行けば、いつでも見つけることができる(この感覚はevernoteに似ている)。

メールがあなたの目の前から消えること。これが大切なのだ。

このアクションが、ストレスフリーへの第一歩になる。もう一つ、テクニックを紹介しよう。

タスクとなるメールは印刷して、タスクとして別管理する

もう一つのテクニック。メールの内容がタスクとなる場合。

例えば、上司から何か指示が飛んできた場合。このメールは印刷して、タスクとして区別する。

僕の場合、印刷した紙を他のタスクと同様、机の中にしまってしまう。

タスクして別管理をしているので、受信箱にメールを残す必要はなくなる。だからこそ、このメールをINBOXに移すことができる。

また一つ、受信箱からメールが減ることになる。あなたのストレスもまた同様に減っていくことになるわけだ。

まとめ

メールが受信箱内にいっぱいだと。あなたのストレスもそれに比例して増えていく。

メールの受信箱を空にすることは、頭をクリアにして目の前に集中するためにとても大切だ。

その手法として。今日書いた方法が参考になるだろう。

メールを削除する。またはINBOXに移す。メール内容がタスクになるなら、印刷する。

この行動を繰り返していけば、あなたの受信箱はほとんど常に空の状態になるはずだ。

あなたもこのストレスフリーの状態を是非味わってほしいと思う。

ということで、参考にしてほしい!!!

新しい季節。色々思うことがある いつでもスタオバより

関連エントリー

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック