僕が実践するあふれる紙資料の管理方法

会社であふれる紙の資料。

いつか整理しなきゃと思いつつ、そんな時間がない。
スキャンする時間もない・・。
きっとみんな同じ悩みを抱えているはずだ。
この問題にどう対処するか。

僕たちは本当に忙しい

ちょっと現代の忙しさは尋常じゃないと思う。
みんなそう思っているんじゃないだろうか。
まとめて書類整理デーを作る。
書類をどんどんスキャンして捨てる。
理論上はそうだ。
でも僕達は時間がないから悩んでいる。
実戦的に気軽にできる方法はないか。
僕はずっと悩んできた。

1日1つ、書類を捨てるをルーティンタスクとする

辿りついた答え。
毎日少しずつ。
これにつきると思う。
答はいつでもシンプルだ。
でもこの答にたどり着くまで僕はそれなりに時間を要した。
ここでのポイントは1日1つと決めることだ(この場合の1つは僕の場合は1枚ではなく、資料単位だが、それはお好みで好きにすればいいと思う)。
1つであれば、書類を破棄するかとっておくかの判断は1分以内に収まる。
始めてしまうと以外と楽しいが、明日以降も続けるのであれば
自分の片づけ欲求をセーブしよう。
そうしないと他の仕事に影響がでて習慣化しなくなるからだ。
僕は必ず毎日実行するために早朝に実施している。
IMG_0574 (2)

要するに心理的ハードルを下げること

こういった緊急度が低い仕事はいかに取り組む心理的ハードルを下げるかが重要だ。
書類を1つ捨てるだけ。
1分もかからない作業。
そう思え誰でも取り組めるはず。
無理せず毎日続けていくことだ。

まとめ

もし会社にスキャナーがあれば、一番いいのは全てスキャナーで資料を読み込み
捨てることだ。
1つの資料であれば、スキャンの時間含めても1分で終わる。
効果はすぐに現れない。でも半年後の自分の机の中を見てほしい。
けっこうすっきりしていることに気が付くはずだ。

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック