自分の気持ちを他人より優先して自分が幸せになるから、他人を幸せにできる。

なぜか。

それは自分が幸せになることで、人に感謝するようになる(もう、溢れてくる)。

そうすると、本当の意味で人にやさしく接することができるようになるからだ。

どういうことか。わからない人のためにも、説明していこうと思う。

今日も早速いってみよう!!!

自分を優先していると、感謝が溢れてくる

先日週末に勝間さんとお会いする機会があった。

時間は土曜日の夕方。子供がいる方は想像がつくと思うが、週末は育児のゴールデンタイムだ。

平日子供と過ごす時間がないサラリーマンのお父さんが家族と過ごす貴重な時間。

そして同時に妻の育児が少し楽になる(2人で子供を見るから)時間でもある。

そんな時間に、「勝間さんに会いたい」という自分の気持ちを優先して遊びに行ってしまうということ。

以前の僕は妻に遠慮して、こうして遊びに行くことはできなかった。言えなかったのだ。

「妻に悪いなぁ」と思ったり。

「あなた何考えてるの!」と言われると思い込んだりしていた。

しかしこうして自分の気持ちを優先してわがままに生きていると、不思議な現象が起きる。

そう。感謝が溢れてきて、超他人にやさしくなるのだ。

感謝するから、本気で人を大切にする

最近とにかく痛感するのだが、わがままに自分を優先して生きていると。

まわりの人に感謝の気持ちしか生まれないのだ。

勝間さんに会った日の翌日は、妻に感謝、感謝。

もう風呂掃除も積極的にやったし、妻の育児負担を減らして、自由時間をなるべく増やしてあげたいと思うようになる。

「あ、これが自分が幸せになると、まわりも幸せになるメカニズムなんだなぁ」とふと気づいた。

そう。自分が幸せになると、他人に感謝しか生まれないので、やさしく接するようになる。

そりゃ我慢してて偽善でやさしくするよりずっとね。

人はそういうとこ敏感に感じるので、その違いも潜在的には見抜いているのだ。

だからこそ、自分が感謝の気持ちから色々と人にやさしくすれば。人は自分が大切にされていると実感するのだ。

だから自分が幸せになることが、まわりを幸せにすることにつながる。

そう確信した1日だった。

まとめ

今の世の中、自分さえ犠牲になればいい。

自分が犠牲になって、人を幸せにする。そんな考え方が蔓延しているように感じる。

個人的な意見としては。僕自身はこの考え方に違和感を感じる。

自分が満たされるから、感謝の気持ちが溢れてくる。

感謝の気持ちが溢れるから、本当の意味で人を大切にすることができる。

だから人を幸せにするには、自分が幸せになることが一番。

僕はこの仕組みが一番しっくりくる。

そしてこの仮説が正しいことを証明できるように、日々勇気を出して行動していこうと思うのだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

どんどんわがままになってる いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

わがままに生きるほうが、結果的にはまわりの人を幸せにする。

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本 (だいわ文庫)
心屋 仁之助
大和書房
売り上げランキング: 2,673
がんばらない成長論
がんばらない成長論

posted with amazlet at 16.03.08
心屋仁之助
学研プラス
売り上げランキング: 838
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします