自分を信頼できない人は自分の「前提」を変えること-前提の違いが行動の違いを生み、人生の違いを生み出す

自分を信頼することとは。

自分の人生はきっとうまくいくし、大丈夫。

自分の前提を「自分はきっと大丈夫」と考えている状態を言う。

前提の違いが行動の違いを生み、人生の違いを生み出す。

今日はこの辺の話を少し掘り下げていこう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

「自分はきっと大丈夫」と自分を信頼する

自分を信頼すること。

それは「何が起きても自分はきっと大丈夫」。そう信じることだ。

起きる出来事は全て神の采配であり、人生を楽しむために神様が一生懸命色々仕組んでくれている。

そう考えられるようになってから、毎日がさらに楽しくなった。

もし嫌なことが何も起きず、毎日自分の思い通りの人生だったら。

きっと数日は楽しいだろうが、すぐに飽きてしまうだろう。

そういう意味では試行錯誤の今の僕達の人生が一番楽しい。

そう思えるようになると、毎日がハッピーになる。

ホワイトデーのお返しで荷物がごった返ししている時に限って、雨!

そんな時でも神の絶妙な采配と思えると笑えるのだ。

あなたの前提が人生を左右する

自分を信頼していない人は色々なことを不安に思い、無理してがんばってしまう。

将来が不安だから、一生懸命資格の勉強をしたり。

何かインプットしていないと落ち着かない。

常に焦燥感がある。

こんな状態に陥る。

「何もしなければ自分の人生はとんでもないことになる」。自分の中の前提がそのような思考になっているからだ。

しかし。

自分を信頼している人は前提がその逆になる。「自分はきっと大丈夫」という前提で行動する。

みんなが知ってることを「知らない」と言っても大丈夫。

許してもらえると思ってるから、わがままを言う

きっとうまくいくと思ってるから、やりたくないことはせずにやりたいことだけをやる。

あなたの前提はあなたの行動を左右する。

だからこそ、自分を信頼しているか否か。これが人生を左右するとも言えるのだ。

前提のスイッチを切り替えるには「信じてみる」

ではどうやったら僕達は自分の前提を変えることができるのか。

これは以前から書いているが、「そうかも」と一旦信じてみること。

ここがスタートになる。

自分の人生はうまくいくようになってるのかもしれない。

起きることは全てうまくいくように仕組まれてるのかもしれない。

そう「思ってみる」。

そうすると、その証拠が集まりだす。こちらが最も簡単な方法だ。

もう一つの方法は荒療治。

今までの自分の逆の行動を取ることだ。

こちらは勇気が必要になる分、即効性が高い。

どちらでもいい。

こういうことを知っておくと、必要なタイミングであなたは気づくことになるだろう。

「あぁ、自分は大丈夫だったんだ」と。

まとめ

僕達はあまりにも自分のことを信頼していない。

「一生懸命がんばっていないと、とんでもないことになる」。そう思っている。

「勉強しないと良い会社にいけないよ」。そんな風に昔両親に育てられたから。

そう思ってしまって当然なのだ。あなたが悪いわけではない。

でもいつだって僕達は考え方は変えられる。

「自分はそのままでもきっと大丈夫」。「なんとかなる」。

まずはそう「思いこむ」。その前提で行動をしてみる。

そこからがスタートになるし、それだけで考え方は変わるのだ。

その先に心の平穏が。そして毎日ワクワク楽しい日々が待っている。

ということで、参考にしてほしい!!!

でもなんで今日雨なの〜 いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

「自分はきっと大丈夫」という前提で行動するようにしてみよう!

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

がんばらない成長論
がんばらない成長論

posted with amazlet at 16.03.08
心屋仁之助
学研プラス
売り上げランキング: 838
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
こうして、思考は現実になる
パム・グラウト
サンマーク出版
売り上げランキング: 1,001

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック