昨日は毎月恒例のものくろさんのグループレッスンだった。

あいかわらずの白熱教室だったが、今日はグループレッスンのメンバーであるみっちゃんとものくろさんに勧められて。

そう。勝間和代さんのサポートメールを受けることにした。

体調がようやく少し回復してきたので、手短に感想を書いておこうと思う。

さあ、今日も早速いってみよう!!!

「勝間コミュニティ」に入る楽しみ

僕がサポートメールのサービスを受けようと決意した理由。

それはサポートメールが読みたかったことが直接の理由ではない。

実はオンラインサロン「勝間コミュニティ」の存在だ。

勝間コミュニティについては、勝間さんのHPで以下のように記載されている。

サポートメールに参加すると、サポートメール会員や勝間塾塾生が参加する、

「勝間コミュニティ」に参加することが出来ま す。

そこでは、勝間和代、上念司をはじめ、志を同じくする仲間たちが日々、

楽しく交流をしてます。

勝間コミュニティならではの「濃い」コミュニケーションを是非体感してみてください。

そう。学ぶ意識が高いと言われる勝間塾生の皆さんのコミュニティに参加できるということ。

僕にとってはこれが一番魅力的だった。

勝間塾生の皆さんがどのようなことに最近関心を持っているのか。

どんな活動をしているのか。

こういったことを知っておくのは、僕にとっては大きなメリットになる。

そしてそのコミュニティであらたに仲間を作ることができたら、なお良い。

毎日届くサポートメールに加え、勝間コミュニティに参加できるということ。

これだけのメリットを現時点で、毎月本1冊買う程度のお金(1,008円)で受けられる。

1日34円くらいの支出。これはかなりお得ではないかと僕は思う。

加入した僕自身の心の変化

1,008円でこれだけのサービスを受けられるということ。

実はみっちゃんやものくろさんは、ずっと僕に「このサービスを受けるといいよ」と勧めてくれていた。

にもかかわらず、今までの僕は何かに躊躇し、勝間コミュニティに参加できずにいたわけだ。

しかし昨日の僕は。言われてその場で入会してしまった。

これは何を意味するのか。

そう。これは僕の中で考え方が変わってきている。そのことを指している。

これは仮説だが。今までは「いつでもスタオバ」の名が世の中に広がりすぎないよう。

無意識にブレーキをかけていた可能性がある。

なぜそんなことをするかって?

これ以上広まってしまうと、サラリーマンを続けるのかどうか。いつか覚悟を決めなくてはならなくなるからだ。

しかし最近の僕は。そこに関しては吹っ切れたと言っていい。この前のエントリーで覚悟を決めたのだ。

きっと次のステージに行く覚悟を決めたということではないか。僕自身現状をそう捉えている。

先日書いたエントリーの内容を自分自身が信じ始めているのだ。

今回また一つ、勇気を出して行動した。

さあ、どんなことが起きるのか。またまたワクワクする日々が続きそうで楽しみにしている。

まとめ

やはり自分が信頼している人達がいいというものは、いい。

あらためてそう感じる機会となった。

ものくろキャンプというコミュニティが最高なように。

勝間コミュニティでもきっと素晴らしい出会いがあるのではないか。

僕自身は本当にこれからの日々が楽しみでならない。

ということで、参考にしてほしい!!!

体調は8割程度回復した いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

勝間さんのサポートメールを購読して、あなたも勝間コミュニティに入ろう!!!

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

勝間塾のススメ
勝間塾のススメ

posted with amazlet at 16.02.27
(2015-07-11)
売り上げランキング: 9,772
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007-04-05)
売り上げランキング: 86,086
史上最強の人生戦略マニュアル
フィリップ・マグロー
きこ書房
売り上げランキング: 27,931

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」をただひとり、2年以上実践。

「残業ゼロ実践論」日本一。セミナー講師。
2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします