ブログのPVは関連エントリーを工夫することで増やすことができる。

ここ1ヶ月ほど、過去エントリーの関連エントリーを中心にメンテナンスをしていたら、PVが順調に増えはじめた。

関連エントリーをどう工夫すれば、効果的なのか。

今回は僕の実体験をもとに書いていこう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

「ページ/セッション」を上げる

最近Googleアナリティクスの指標である「ページ/セッション」が2に大分近づいてきて、PV数がじわじわ増えてきた。

この指標が高いということは、僕のブログエントリーを見た人が、そのまま関連エントリーなど他のエントリーを見にいってくれているということ。

なので「ページ/セッション」の数値は、上がれば上がるほどいい。

ブロガーとしては、この指標をUPしていくことがPV数UPに直結することになる。

関連エントリーの工夫のしかた

ブログのエントリーの後につける関連エントリー。

あなたはどんなエントリーを関連エントリーとして、のっけているだろうか。

昔の僕は、自分が読んでほしいエントリーをのっけていた。

しかし最近僕は気づいた。

関連エントリーは「読み手が読みたいエントリー」をのせるべきだということに。

その理由は知ってしまえば明らかだ。

例えばブログの読み手が「心屋 お金」とGoogleなどの検索エンジンで検索して、僕のブログにたどり着いたとしよう。

そんな時に関連エントリーにタスク管理のエントリーがあったとしたら。その人にとってタスク管理のエントリーはどんな意味を持つだろうか。

そう。この人達にとってタスク管理の関連エントリーは単なる「ノイズ」になるのだ。

そうではなく、このケースの場合は心屋さんのお金に関するエントリーを関連エントリーでつけてあげるようにする。

そうすると読み手は「続きが読みたい」と思って、関連エントリーを見にいってくれる可能性が高くなるのだ。

読み手を想像すること

そういうことで、僕達はどんな人が自分のそのエントリーを読んでいるのか。

そのエントリーを読む人はどんなエントリーなら、もう一つエントリーを読んでくれるか。

この想像力を働かせるのが重要だ。

そのためにはその人などんなキーワードでGoogleを検索しているのか。想像することが大切。

これはブログエントリーのタイトルのつけ方を工夫する時にも大切になる。

そうした想像力を駆使することで、PV数を伸ばしていくことはできるのだ。

まとめ

ブログはとにかく更新頻度が大切。これは間違いない。

しかしただ毎日ひたすら量を書くだけでなく、いかに効率よくブログのエントリーをたくさん読み手に見てもらうか。

こういった工夫もブロガーとしては大切だ。

過去エントリーのメンテナンスも、こういった観点で必要になる。

想像力をもっと使って、効率よくブログを運営しよう。

そうすることで、もっともっと自分の声が他人に届くようになる。

ブログをやるのがもっと楽しくなるから。

ということで、参考にしてほしい!!!

でも更新頻度も大事! いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

関連エントリーは自分目線ではなく、読み手目線でつけるようにしよう!

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

ブログ飯 個性を収入に変える生き方
インプレス (2013-06-21)
売り上げランキング: 163
モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術
あかめ
秀和システム
売り上げランキング: 162,871
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」をただひとり、2年以上実践。

「残業ゼロ実践論」日本一。セミナー講師。
2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします