残業をなくすコツの一つに、「今日受けた仕事は明日以降に回す」という鉄則があります。

たとえば、今日上司からお願いされた仕事があれば、その仕事はその日中に対応せず、明日以降に対応するというものです。

これは、「マニャーナの法則」ともいわれる仕事術です。

どうして明日以降対応したほうがいいのでしょうか。

広告


その理由はシンプルで、今日中に処理する仕事を優先してかたづけるためです。

タスク管理をしている人にとっては当たり前の概念ですが、本来仕事をはじめる前に「今日やる仕事」を決めるべきです。

つまり、「今日は9時から18時まで働くぞ」と決めて、18時までに終わる仕事量に取り組むのが本来の姿。つまり、僕たちはすでに今日やらなければいけない仕事がたくさんあるのです。

そんな中、今日受けた仕事を今日取り組めば、どうなるでしょう。

当然予定していた仕事より多くなるわけですから、残業でカバーするということになるわけです。

これが残業してしまう理由の一つです。

だからこそ、今日受けた仕事は原則明日以降対応すると決めることです。

例外は、今日中にどうしても対応しないといけない緊急案件を受けた時。あとは、その場でやったほうが合理的なケース。たとえば、2分以内でかたづけられる仕事だった時くらいです。

「今日受けた仕事は明日以降に回す」を徹底するだけで、残業は減っていきます。

ぜひ試してみてください。

こちらの記事も参考に。

参考書籍は、こちら。

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版
マーク・フォースター
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016-10-22)
売り上げランキング: 22,337

10/30から、残業ゼロに変わりたい方向け、継続型の勉強会をスタートします。

無料メルマガやってます

平日毎朝、
ブログに書かない話を
お届け。

登録は以下からどうぞ

30日間無料お試し!セミナー動画見放題のオンライン会員募集中!

オンライン会員になることで、
過去のセミナー動画が
見放題。

30日間は実質無料
利用できるよ。

くわしくは、こちら↓

個人セッションのお申しこみはこちらから

平日18時以降、
都内でやってるよー。

遠方にお住まいの方でも、
オンラインで対応可。

人生変わるから、
是非受けに来てね!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」を2016年から実践し、年間30回以上セミナーを開催する会社員。

「自分の気持ちに素直に生きる」を実践し、教えています。

最近はプールで泳ぐのがマイブーム。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告