罪悪感を感じることをやっても、大丈夫な理由

罪悪感って、おもしろい。

たとえば、今の僕にとって、定時に帰ることは当たり前のこと。でも、昔の僕にとっては、「罪」だった。だから、罪悪感を感じて、同僚より早く帰ることができなかった。

誰かにとってある行為が罪でも、ある人にとってはそれはそうではない。

ということは、あなたが罪悪感を感じる行為は、「罪」ではない。

ということになる。

広告


だから、きっとそれ、やっていいんだよね。

だって、それを当たり前のようにやっている人もいるのだから。

だから自分が罪悪感を感じた時は、それを「やってはいけないわけではない」ということを理解しておくこと。

もちろん、怖くてできないことはある。僕だってたくさんある。

でも、たまには勇気だしてやってみる。

そうして勇気だして、自分の中になる罪悪感を消した数だけ、自由になれる。

それが、自信ということなんだろうね。

無料メルマガやってます

平日毎朝、
ブログに書かない話を
お届け。

登録は以下からどうぞ

30日間無料お試し!セミナー動画見放題のオンライン会員募集中!

オンライン会員になることで、
過去のセミナー動画が
見放題。

30日間は実質無料
利用できるよ。

くわしくは、こちら↓

個人セッションのお申しこみはこちらから

平日18時以降、
都内でやってるよー。

遠方にお住まいの方でも、
オンラインで対応可。

人生変わるから、
是非受けに来てね!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告