こんにちは、
残業ゼロサラリーマンの
滝川徹です。

仕事の
優先順位をつけて,

残業せずに
帰るためには

仕事にとりかかる前に

「仕事の計画を立てよう」

という話を
昨日書きました。

その記事はこちらです。

今日は

残業しない計画を
作るコツ

をお伝えします。

コツ自体は
きわめてシンプルです。

たとえば

あなたが9時から働いて、
17時に帰りたい

としましょう。

その場合は、

17時までに
終わる計画を

作ることです。

今サラッと
書きましたが、

働いている人の大半が
これをできていません。

その理由は、

主に以下の2つの
理由によります。

  • 予定終了時刻を「見える化」していないから
  • 「割りこみタスク」を想定していないから

一つずつ、
見ていきましょう。

残業の原因その1:予定終了時刻を「見える化」していないから

結論から言えば、

残業してしまうのは
計画にムリがある

ということです。

たとえば

今日あなたがやりたい仕事が
20個あるとします。

試しに

一つ一つのタスクに
どれだけ時間がかかるか。

見積もってみて
ほしいのです。

たとえば、
こんな感じです。

  • タスクA:15分
  • タスクB:30分
  • タスクC:40分

次に、

全てのタスクを
終わらせたら、

一体何時になるか。

計算して、

シュミレーション

してみてほしいのです。

これは、

タスク管理ツールを使えば
簡単にできます。

どうですか?

下手すると
終電までにあなたは帰れない

なんて、
笑えない結果が
でるはずです。

はい、
そういうことです。

あなたの計画が
甘すぎる。

そういうことなのです。

そしてもう一つ、

致命的な見落としが
あります。

それが

「割りこみタスク」

の存在です。

残業の原因その2:「割りこみタスク」を想定していないから

たとえば、

仕事では
こんな場面が
あるはずです。

  • 仕事の途中で顧客から電話を受ける
  • 上司や同僚から声をかけられる
  • 突然今日中の仕事を依頼される

これがいわゆる、
「割りこみタスク」です。

あなたは計画を立てるときに、
この時間を想定していますか?

おそらくしていないはずです。

そして
この割りこみタスク、

実は1日のうちに

かなりの時間を
使っています。

つまり、
こういうことです。

つまり、
1日の計画を立てる時は、

事前に
「割りこみタスク」に
とられる時間を

考慮していなければ
ならないということです。

つまり、
こういうことです。

ちなみに
ここでご紹介した画像は

以前僕のワークショップを
受講いただいた方の

以下のブログ記事から
お借りしています。

僕のワークショップで
お話ししたことが

非常にわかりやすく
まとまっていますので、

是非読んでみてください。

その記事はこちらです。

ということで、
今日お伝えしたかったことは、

現実的な計画を立てましょう
ということです。

以下の記事も
参考にしてみてください。

タスク管理を
学びたくなったあなたは、

以下のワークショップも
オススメです。

それでは!

滝川より

□□ワークショップ情報□□
11/28(水) 19時〜21時
仕事で絶大な安心感を手に入れる
タスク管理スタートアップ講座(Toodledo編)

11/21(水) 19時〜21時
「人生を変える「継続力」を
身につけるワークショップ」

□□無料メルマガやってます!□□
平日毎朝、
気軽に読めるお手紙が
あなたの元に届きます。

登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします