「自分は仕事ができない」という思いこみを取っ払うと、人は一気に仕事がデキるようになる。

「自分は仕事ができない」と感じる人は、そう思いこんでることが多い。

実際、僕のセミナーの受講生は早いと半年で長時間労働から「残業ゼロ」に変わってしまう。

これは、半年でその人の能力が変わったのではない。

その人の「自分は仕事ができない」という思いこみが取っ払われた結果なのだ。

「要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑 」という本がある。

「要領がよくないと思い込んでいる」というタイトル。そして、以下の記事の最後に書いてある著者達のプロフィールを、ぜひ見てみてほしい。

お二人とも、「自分は仕事がこんなにできないヤツなのか、、」と絶望した経験が伺える。

そして、今ではその経験を乗り越えているわけだ。

このことからも「仕事ができない」というのは、その人の「思いこみ」だということがわかる。

問題は、「どうやったらその思いこみを取っ払うことができるか」となるわけだが。

実は、そう難しいことではない。

結論から言うと、「自分は仕事ができる(はず)」という思いこみをなくすことだ。

そしてその思いこみをなくすために、タスク管理による行動ログの記録が役に立つ。

今日は僕自身が長時間労働から「残業ゼロ」に変わった経験も踏まえながら。

あなたの能力を一気に解放する方法をお伝えしよう。

今日も早速いってみよう!!!

広告

昔の僕の、致命的な誤解。

まず、僕自身の経験を話そう。昔長時間労働に悩んでいた頃の話だ。

今冷静に思い返すと、僕は「もっと仕事がたくさんできるはずなのに、どうしてできないのだろう」と悩んでいた。

イメージで言えば、毎日仕事をはじめる前は「100(繰り返すが、数字はイメージだ)」の仕事ができると思っている。

でも、一日が終わると。「20」しかできていない。

そうして「今日も全然思うように仕事ができなかった、、」と落ちこんでいた。

しかし今思うと。

仕事をはじめる前に「100できるはずだ」と根拠なく思いこんでいたことに、実は問題があったとわかる。

「自分は仕事ができない」と思いこんでしまう理由

タスク管理をはじめてみるとわかるが、僕達が実際に自由に使える時間は、そう多くはない。

なぜなら、僕達には毎日やらないといけないルーティン業務がある。

そして、上司や同僚から声をかけられたり、突発的に発生する「割りこみタスク」も多く発生する。

9時から18時まで「9時間働ける」と思っていても。

実際に計測してみると、自分の思う通り自由に使える時間は3時間しかなかったりするのだ。

このことについては、くわしくは以下の記事に書いた。

つまり、僕が言いたいのはこういうことだ。

「自分は一日にもっとたくさんのことができる」という思いこみが、「自分は仕事ができない」という思いこみにつながるということだ。

「自分は仕事ができる」「もっとたくさんのことができるはずだ」

こうした考え(思いこみ)をもっていると、皮肉にも「自分は仕事ができない」と思いこんでしまう。

なぜなら、「自分はもっと仕事ができるはず」と思いこむことで、自分のキャパシティ以上にたくさんの仕事を抱えこんでしまう。

自分が一日にできる仕事量を過信して、長時間労働に陥る。

そうして、「仕事が終わらない」と感じる。

「自分は仕事ができない」と思いこんでしまうのだ。

僕の現実的な提案

では、どうしたらいいのか?

それは、「自分には、一日でたくさんのことができるはず」という考えを疑ってみることだ。

そのために一番大切なことは、「現実を知ること」。

自分が思ってるほど、僕達は一日にできる仕事量は少ないということ。

この「現実」を、しっかりと理解する。

そのための一番確実で簡単な方法。

それが、自分の仕事の行動記録(ログ)を取ってみることだ。

これはタスク管理ツールを使えば、ものすごく簡単にできる。

そうして「本当の自分」を知ることができると。

僕達は過度に自分に期待することがなくなる。

仕事をはじめる前に、「今日は20(数字はイメージ)くらい、仕事しよう」と思う。

そして、一日の終わりに「20」の仕事を終える。

「一日のはじめに自分が思い描いた計画通りだ!」と満足して、一日を終えることができるようになる。

自分のキャパシティ以上に仕事も受けなくなるので、仕事の生産性も上がっていく。

次第にあなたは自分の仕事に自信を取り戻せるようになるだろう。

そうして、あなたは仕事がデキるようになる。

ということで、参考にしてほしい!!!

4/23(金)の19時からはじまる、オンラインの継続型勉強会はこちら

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告