苦手な仕事を先送りせずに確実に取りかかるには「朝一番に取り組むこと」

「自分の苦手なことを優先的にやるにはどうしたらいいか」

ブログの読者から質問をいただいたので、せっかくなのでエントリーで回答したいと思います。

広告

脳のエネルギーが豊富な時間帯に着手すること

自分の苦手なこと、例えば苦手な仕事で問題になるのは「いかにその仕事に着手するか」です。

着手さえしてしまえば、たいていの仕事はなんとかなるものだからです。

しかし多くの人が苦手な仕事、気が向かない仕事をやろうと思っては、先送りしてしまうわけです。

要するにこれは先送り防止の話になるわけです。

先送りを防止する一つの方法は認知リソースと言われる脳のエネルギーが、最も豊富な朝一番の時間帯にその仕事に着手することです。

脳のエネルギーは睡眠でしか回復しないと言われています。

つまり、朝起きた時に僕達は最も脳のエネルギーが豊富であり、時間の経過とともに脳のエネルギーが消費されていくわけです。

そして何かやろうとした時、この脳のエネルギーが豊富にあればその仕事に着手しやすく、夕方とかになって脳のエネルギーが少なくなっている状態では先送りがされやすいというわけです。

例えば朝起きた時に脳のエネルギーが100あったとします。

ブログを書くのにエネルギーを20使うとしたら、朝一であれば書ける可能性が高いわけです。

しかし夜になり、脳のエネルギーを日中消費していて40くらいしか残っていないとします。

このような状態で脳のエネルギーを20使ってブログを書くのはしんどいわけです。

脳としてもその後何が起こるかわからないのに、残り20は怖い。ということで、先送りされてしまうということが起こります。

もちろんこの数値はあくまでイメージしていただくための例ですが、こんな感じのことが脳で繰り広げられていると考えてください。

「自分の苦手なことを優先的にやるにはどうしたらいいか」という冒頭の問いに対しては「朝できるだけ早い段階でそれに取り組もう」が一つの回答となります。

ただし、それでも取りかかれないということもあります。

ではどうしたらいいのか。

また明日以降書いていこうかと思います。

関連エントリーも是非見てみてくださいね。

今日からあなたにできること

苦手なことや仕事は朝できるだけ早い段階で着手してみよう!

こちらのエントリーもあわせていかがでしよう?

あなたにオススメ

先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫 さ 17-1)
佐々木 正悟
KADOKAWA/中経出版 (2011-11-25)
売り上げランキング: 4,208
行動の科学――先送りする自分をすぐやる自分に変える最強メソッド
マイケル・ボルダック
フォレスト出版株式会社 (2015-12-06)
売り上げランキング: 26,231

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック