焦って冷静でいられないあなたを落ち着かせるテクニックとは?書類紛失で泣きそうになった経験から

つい最近、社内で必要な資料が見つからない事態となった。

探しても、探してもみつからない。

うーん、これはマズい。とてもマズいぞ・・。

久しぶりに僕は超焦った。

最終的には見つかったのだが、なんと意外なところで発見された。

しかも捜索にだいぶ時間をとられてしまった。

しかし結果から振り返ってみれば。やり方を少し変えるだけで、すぐに発見することも可能だったケースだった。

今日はこの体験を通して僕があらたに得た気づきをシェアしよう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

焦った時こそ落ち着く

書類をなくすと、焦る。

普段の僕は書類管理はきちんとしているので、必要な書類を紛失するということ事態が超レアだ。

しかし今回書類がなくなった。

なぜだ。

なぜだ・・。

色んなところを探し始めるが、みつからない。焦る。

今思えば、焦ってたが故、とりあえず色んなところを探しはじめていた。

しかしこれは後から振り返ると。とても効率が悪い。

焦った時こそ、冷静になる必要がある。

どうしたら最短の時間で書類を見つけることができるのか。

作戦を練ることが大切なのだ。ここでいう作戦とはなにか。

みていこう。

落ちつくためのテクニック

落ちついて作戦を練るために必要なテクニック。

それはやはり「プロジェクト化」だ。

やみくもに書類を探し出す前に、どの順番で書類を探すのが一番早いか。

手順をリストにしていく。

今回の僕のケースであれば、以下のようにタスクをプロジェクト化したであろう。

  • どの時点で書類があったのか、手元にある記録から整理していく。
  • なくなった時点を特定したら、その周辺の時期の記録をまずたどっていく。

そう。今回の僕のケースは周辺の書類を読み解けば、いつまでその書類が手元にあったのか。

類推できるほど、記録が残っていたのだ。

だから僕はまずいつまで手元に書類があったのか。確認をした。

手元に書類があった時期(少なくともこの時まではあったと特定する)がわかったら、その周辺の時期の記録をたどっていく。

その結果、なんと僕はその書類を取引先に送っていたことが判明したのだ。

そりゃ、手元にないわけだ!

1年前に送っていたので、そんなことはとうに忘れていたわけだ。

ということで、僕には再び平穏な日々が戻ってきた。めでたし、めでたしというわけだ。

まとめ

何か物をなくした時。僕達は焦る。

とりあえず「さがさなきゃ!」となり、やみくもに捜索活動を始めてしまう人も多いだろう。

そんな時こそ、捜索活動をプロジェクト化してみる。

落ち着いて、どうやったら最短で捜索活動を終わらせることができるのか。

その手順を考える。

それからはじめたほうが、数倍結果的に効率が良くなるのだ。

僕の場合、プロジェクト化すれば30分ですんだものが、結果的に3時間以上も時間を費やしてしまった。

タスク管理の専門家としておおいに反省した次第。

ということで、参考にしてほしい!!!

今朝はコーヒーのかわりに牛乳 いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの書籍はこちら

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック