日々の目標は絶望的に低く設定する-毎日自分のことを「負け犬」と感じないために、大切なこと

やぁ、みんな!

僕がどうして毎日ブログをこうして書いてるかわかるかい?

別に1記事書くことで、大金をもらえるからじゃない(そりゃあ、もらえたらありがたいさ)。

ブログを1記事書くことで、「今日も僕はやるべきことをやれたんだ!」と、自分に胸を張って、達成感を味わうことができるからなんだ。

僕は毎日ブログ記事を書くたびに、(心の中で)「今日も書けた!」とガッツポーズしている。

そうすることで、「今日もがんばってるね」と自分を励ますことになる。

そうして僕はハードな毎日を、なんとか生きてるってわけさ。

広告

めちゃめちゃ大切なこと

この時大切なのは、前も言ったけど、とにかく自分の中の達成の基準をおもいっきり低くすることだ。

いいかい?おもいっきりだ!

僕の場合、ブログに関しては「20分で書けるくらいの、簡単なブログ記事を書けたらOK」ということにしている。

なんでそんな目標を低くしてるのかだって?

そうしないと毎日達成できないからさ!

目標は低ければ低いほどいい

目標が高いのはけっこうだ。

でもそんな目標も、達成できなければ意味がない。そうだろう?

高い目標も、達成できなければどうなるか。

けっきょく、毎日自分のことを「負け犬」と感じながら生きていくことになる。

そんなの、イヤじゃないか。

だから、目標は「おもいっきり低くしよう」って言ってるんだ。

目標、自分の中の「今日もできた!」の基準は「これならさすがに毎日できる」と思えるくらい、おもいっきり低くしよう。

これがミソだ。

低い目標を上回ったのなら。手をあげて喜べばいい

毎日勉強すると決めたなら。

まずは20分毎日勉強することを目標にする。

毎日筋トレすると決めたなら。

まずは1日5回、腹筋することを目標にする。

結果的に30分、1時間勉強したっていいんだ。

結果的に1日10回、20回腹筋したっていいんだ。

目標を上回ることができた時は、胸を張って喜べばいい。

目標、達成の基準を低くすることは悪いことじゃないんだ。

毎日達成できる目標を設定しよう。そして、毎日達成感を味わおう。

約束しよう。

そうすれば、君の人生は今よりもずっと楽しくなる。

ということで、いつものお願い

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、燃料になる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、今日も素敵な1日を!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告