予定しなければ実行されない-やりたいことを確実に実行、習慣化する最もシンプルで効果的な方法

やぁ、みんな!

今日は「やりたい」と思うことを実行する秘訣であったり、「やりたい」と思うことを習慣化する秘訣について話をしたいと思う。

結論から言えば、その秘訣は「予定すること」にある。

「予定すること」とはどういうことか。

一言で言うと、たとえばカレンダーや手帳、タスクリストにやりたいと思うことを「書き出す」ことだ。

たとえば明日出勤前の7時〜8時半に職場近くのスターバックスでブログを書くとカレンダーに書きこむ(入力する)。

毎日ブログを書きたいなら、毎日のカレンダーの7時〜8時半にブログを(スターバックスで)書くことを書きこむする。

こうして「予定」をすることで、やりたいと思うことを実行できるようになる。

逆に言えば、(僕は断言するが)予定しないことは実行されない

それだけ、「予定する」の力は大きいんだ。

広告

なぜ「予定」しなければ、実行されないのか

なぜ「予定する」ことがそれほどまでに重要なのか。

それは、僕達には他にも「やらなければいけないこと」が山のようにあるからだ。

「予定」しなければ、たくさんのやらなければいけないことが君の「やりたい」と思うことに優先されてしまう。

それが今君に実際に起きてることなんじゃないかな?

「予定」はコミットすること。だから実行される。

つまり、やりたいことを実行するためには。

「予定すること」で、やりたいことの優先順位を上げる必要があるんだ。

実際にやってみるとわかるが、カレンダーなどに書いて「やりたいこと」を予定する時点で、君はそのことを実行することを自分にコミット(約束)することになる。

予定することで、他の「やらなければいけないこと」よりも、「やりたいこと」を優先して実行するぞ!と君は宣言したことになる。

だからこそ、「やりたいこと」が「やらなければいけないこと」に埋もれることなく、君は「やりたいこと」を実行できるようになるというわけだ。

逆に言うと、予定できない、つまりカレンダーに書くことに抵抗を覚えてそれができない場合には。それは間違いなく実行されないということになる。

まとめ

ものすごくシンプルな話だが、もしやりたいことがある、あるいは習慣がしたいことがあるなら。

とにかく予定することだ。

カレンダー、手帳、タスクリスクにそのことを書き出そう。

それが実行の最大の秘訣だ。

僕の大好きなティム・フェリスもこのことを熱く語っている。

そのYouTube動画をよかったら見てみてほしい(全部英語なので注意)

最高のPodcast「現役会社員が教える『一生時間に困らない生き方』」をチェックしよう!

エピソードはApple PodcastSpotifyのいずれでも聴ける。

楽しんで!!!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!ぜひ君の感想を聞かせてほしい!

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、励みになる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、Have a nice day!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告