人生は来月もある-今月の「やることリスト」はせいぜい2個か3個にしておく

やぁ、みんな!

今日は、理想は高くてもいいんだけど、「目標は低いほうがいい」という話をしたい。

そもそも、「なぜこんな話をするのか」って?

きっかけは、 Twitter を眺めていたら、「今月のやることリスト」をツイートしてるアカウントをたくさん見かけたことなんだ(僕がフォローしてる人が、そんな動きをしてるようだ)。

正直、(他人だから)そんなに興味はないんだけど、そのツイートをチラ見してみると。

なんと!

ほとんどの人が少なくとも10個、多いと20個ぐらいやることをかかげてるじゃないか!

あぁ、そうさ。思わず、「いやいやいや。これは絶対に達成できないでしょう」ってスマホに向かってツッコんこんでしまったさ。

いや、その人達の気持ちはわかるんだ。

やりたいことがたくさんある。それはけっこう。

昔僕自身もそんな感じだったことを思い出した。

そうして、高い目標(たくさんのやることリスト)をかかげて、実際に目標を達成できなかった時に。

自分に襲ってくる感情、みじめさ、「やっぱり自分はできないんだ」みたいな感情も思いだしたんだ。

これが今日の話に繋がっていく。

広告

何が言いたいのかと言うと

やりたいことがたくさんあるのはとてもいいことだし、理想が高いこともとてもいいことだ。

それ自体を別に否定したいわけじゃない。

でももし、「今月やること」「今月達成したいこと」を決めるのであれば。

「やりたい」と思うこと、つまり、「達成したいこと」「達成したい目標」はせいぜい2個か3個にしておくことをおすすめしたい。

なぜかって?

それは、目標が低ければ低いほど、達成がしやすいからさ。

たとえば、どっちがいいだろう?

20個目標をかかげて、3つ目標を達成するのと。

3つ目標を掲げて、3つ達成するの。

達成できた目標は同じ3つかもしれない。

でも、「自分はできたんだ!」って感じるのは、後者じゃないかな。

で、実は人生では。

この「自分はできたんだ!」という感覚はとても重要なんだ。

なぜなら、人生は来月もあるからさ。

人生は短い。でも、一か月よりは長い。

自分が「できた!」と感じることができれば、来月もまた「目標を達成しよう」という意欲が生まれる。

でも、20個目標かかげて、3つしかできなかった時は。

全然目標を達成できなかった自分をボコボコにしてしまい、「来月もがんばろう!」とは思えなくなる。

意欲が低下して、目標をかかげることすら、できなくなってしまうかもしれない。

これが、高い目標をかかげることの問題点なんだ。

人生は短い。でも、一か月よりは長い。

だからこそ、常に持続性、長いスパンで人生を考えておく必要がある。

そうすると、「目標は低いほうがいい」という結論になるんだ。

くりかえすけど、理想は高くていいんだ。

でも、「今月やること」は最低限のものにしよう。

目標を低くして、毎月目標を達成するんだ。

それが、人生を変えることにつながるんじゃないかな?

理解を深めるために、ぜひ次の記事も読んでみてくれ。

それでは、グッドラック!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!ぜひ君の感想を聞かせてほしい!

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、励みになる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、今日も素敵な1日を!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

Avatar photo

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告