しゃべるように書けばいい-ブログを7年続けてようやく見つけた、文章をスラスラと書く極意

やぁ、みんな!

「文章が思うように書けない!」ってあいかわらず悩んでるんじゃないかな?

たとえば、ブログを書きたい。でも、いざ書こうとすると筆が進まない、、、

そんな悩みを抱える人も多いと思う。

僕はブログをはじめて7年近くなるけど、ここにきて文章をスラスラ書く極意を発見したかもしれない。

今日はその秘訣を君にシェアしたいと思う。

広告

結論から言おう。

その秘訣とは、「しゃべるように文章を書く」ことだ。

どっかで聞いたような話だって?

まぁ、まずは話をきいてくれ。

僕がこの手法(?)に目覚めたきっかけは、セス・ゴーディンがYouTubeの対談動画で次のような話をしていたことだった。

僕はしゃべるように書く。そして、誰もしゃべれないという人はいない。

だからしゃべるように書けばいいんだ。「しゃべれない」ということがない以上は、文章は書けるということなんだから。

この話はめちゃめちゃおもしろいから、(英語だが)15秒ほどなのでぜひ見てみてほしい。次の動画の11分21秒から11分36秒あたりだ。

なぜ人は思うように「書けない」のか

たしかに、人と話する時に「言葉が出ない」「しゃべれない」って人は基本的にいない。

じゃあ、なぜ文章、つまり文字を書こうとすると思うように書けなくなるのか。

それは僕が思うに、文字は視覚化できるので、最初からきれいな、完璧な文章を書こうとしてしまうからなんじゃないかな。

僕はそんな仮説にたどりついた。

どういうことかというと

人としゃべってる時、(スピーチをする場面とかでなければ)自分が発声する言葉を一文字一句、まちがえないように完璧に話そうと思う人はいないはずだ。

だからこそ、「しゃべれない」という人はいない。

「今のは言葉足らずだな」と感じたら、またしゃべればいい。だから人はスラスラと話をすることができる。

そして、いいニュースは

実は文章もあとで編集、修正することができる!(知ってたかい?)

だから僕が思ったのは、まずはしゃべるように文章を書きあげてしまう。

この時点では、構成とか、きれいな言葉とか、そうしたことを一切考えない。

極端に言えば、入力された文字を気にしないくらいの感覚で、とにかく、しゃべるように書くんだ。

そうしてまず、一度文章を書きあげてしまう。

そして文章を書きあげた後に、その文章を編集、修正するようにする。

これを意識するようになってから、びっくりするくらいスムーズに文章を書くことができている。

そしてもう一つ、いい話をしよう。

この「しゃべるように書く」を実践する時は、音声入力を使うといい

実際、僕はこの文章を音声入力で書いている。

そうすると、まさに「しゃべるように文章を書ける」というわけだ。

まず、音声入力でバーっとしゃべってしまうんだ。

この時はさっきも言ったけど、文字や文章をいちいち修正しない。

まず、ひとまずしゃべりきる。

そうして文章を一旦書きあげてしまった後、文章を編集する。

修正をする手間があるように感じるかもしれない。

でも、考えてみたらわかるが、普段だって文章を書いた後、見直しってするだろう?

だから結局、手間は増えてないんだ。

ということで、まとめると

しゃべるように文章を書こう。

編集はあとでやればいい。

まずは、ザーッと文章を書きあげてしまうこと。

これが文章を書く最大の秘訣だ。

ちなみに僕が音声入力で使ってるのは、こちらのマイクだ。

コイツもあわせて買っておくといい。

ということで参考にしてほしい !!!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!ぜひ君の感想を聞かせてほしい!

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、励みになる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、今日も素敵な1日を!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告