簡単な日記を毎日続けていくとそれは財産になる-失われた記憶は二度と取り戻せない

1年前くらいから、毎日簡単な日記をつけています。

日記と言っても、その日感じたこと、気づいたことを数行書くだけの簡単なものです。

ちなみにツールはEvernoteを使ってます。

日記の習慣自体は1年前くらいからですが、以前から自分の思考や記憶自体はEvernoteや紙のノートに書いていました。

それが最近役に立ったなぁと感じたので、このエントリーを書いてます。

広告

昔の気持ちは二度と思い出せない

僕達の記憶はとても曖昧なものです。

例えば僕がタスク管理をはじめたばかりの頃、どんなことで困っていたのか。どんな気持ちでいたのか。

最近振り返る機会があったのですが、自分自身ではあまり苦労した記憶がありませんでした。

しかし当時の記録を見返すと、「作業記録をきちんととれない」とか、「(TaskChuteを)半年間なんとか使い続けられた」とか書いているわけです。

こうした当時感じたこと、困ったこと。これは記録しておかなければ二度と取り戻せません。

僕達はあの頃にはもう戻ることはできないからです。

初恋の時、自分がどれだけドキドキしていたか。何を考えていたのか。

もう大人になった僕達が思い出せないのと同じです。

その経験はこれから経験する人の助けになる

ではなぜ記録をしておくのが大切なのでしょう。

一つには当時のその試行錯誤の経験が、これからそれを経験する人の役に立つからです。

例えばこれからタスク管理をはじめる人に、「当時の僕はこんなところを苦労してました」、「こう考えてやってきました」という話は、とても心強いものです。

人は未経験のことは不安になるものです。

自分がやろうとしていることをすでに成し遂げている人から経験を聞くのが、何よりとその人を安心させることができます。

だから1日数行でいいのです。一行でもいい。

あなたの経験という宝物を失わないように、記録しておきましょう。

将来必ずあなたの役に立つはずですから。

今日からあなたにできること

毎日感じたこと、気づいたことを少しでいいから記録しておこう。

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

日記の魔力
日記の魔力

posted with amazlet at 16.05.11
サンマーク出版 (2012-07-01)
売り上げランキング: 1,352

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック