専門家として自信を持つには情報発信を継続して他人からフィードバックをもらい続けること-サラリーマンがゼロから専門分野を作る方法➈

ブログでは同じことを何回でも書いてもいい。

むしろ何回も同じことを書いたほうが、伝えたいことが読み手に伝わる。そんな話を先日書きました。

そもそも専門家としてある分野についてブログで発信していくには、自分がその分野で専門家であることを自覚している必要があります。

もっと簡単に言うと、自分がその分野で専門家であるという自信を持つことが大切です。

そしてその自信を確立するには「人と会うこと」が一番大切になってきます。

今日はそんな話を僕の経験を通して書いていきましょう。

広告

ブログをはじめた頃は自分が偉そうにタスク管理について語る資格はないと感じていた

僕が当初ブログでタスク管理について書き始めた時、僕自身は自分のタスク管理がすごいという自覚はありませんでした。

もちろんブログを書き始めた時点で3年くらいタスク管理を続けていたので、人より多少得意な自信はありました。

しかし自分の中で「まだまだ」という意識が強かったように思います。自分にはタスク管理を偉そうに語る資格はない。そんなふうに思っていたように思います。

そう。タスク管理の巨匠である大橋悦夫さんや佐々木正悟さんのレベルに達しなければ、タスク管理について語る資格はない。

そのくらい自分の中でタスク管理の一流のハードルをあげていたのです。

自分では当たり前なことが、他人から見たらすごいこと

自分がすごいということを自覚したきっかけは、僕のブログについてブロガーの皆さんと話をするようになってからでした。

ブログを毎日発信するようになって、ブログのセミナーやブロガーの集まりに行くと僕のブログを「知っている」と言ってくれる人が増えるようになりました。

そうするとお会いする人から「あれだけ書けるのはすごい」という声もちらほら聞くようになります。

ここでわかったことは、自分では当たり前のようにやっていたことが、他人から見たらそれは実は「すごいこと」に感じられるということです。

そしてさらに情報発信を続けていくと、自分が尊敬する人やブロガーからも、認められるようになります。これは僕の場合、大きな自信に繋がっていきました。

そうです。まずはブログをコツコツ書いていき、情報発信を継続すること。そして毎日ブログをかけるようになったら、次は行動です。

ネットからリアルの場へ、人と会いにいきましょう。そこで自分のブログのフィードバックを得るのです。

もしあなたが自分の得意なこと、好きなこと、必要なことのいずれかをコツコツと発信していれば、必ずあなたがすごい証拠が他人を通して手に入るはずです。

そう。これが自分の自信となり、専門家としての自覚に繋がっていくのです。

そうして専門家としての自信と自覚が芽生えた後、僕はようやく「人に教える」というステージへ進んでいくことになります。

明日以降に続きます。

今日からあなたにできること

自分のブログを読んでくれている人達が集う場所に出かけてみよう!あるいは、自分のブログの読者からフィードバックをもらおう!

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

ブログ飯 個性を収入に変える生き方
染谷 昌利
インプレスジャパン
売り上げランキング: 14,122
「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
ちきりん
文藝春秋
売り上げランキング: 13,052
目立つ力 インターネットで人生を変える方法(小学館101新書)
小学館 (2013-01-21)
売り上げランキング: 85,474

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック