人との「違い」こそがあなたの才能の原石であり、その「違い」を追求していけばそれはあなたの「すごい」になっていく

自分の価値を認められるようになるためにはどうしたらいいか。昨日はそんなテーマでエントリーを書きました。

こういう話をすると、「自分に何もない場合はどうしたらいいのか」と思う人もいると思います。

実は僕自身も昔、自分のことをそう思ってました。だからこそ、僕は自信を持って言い切れます。

「大丈夫。あなたにも必ず自分のすごいところが見つかる」、と。

僕がどうしてそう思うのか。早速書いていきましょう。

広告

人との「違い」こそが才能の原石

例えばあるブログを読む時、あなたはそのブロガーの「すごさ」だけでそのブログを読むか読まないか、判断してますか?

「すごさ」とはこの場合、実績や功績と考えてもらってかまいません。

確かにその人が「すごい人」だから、その人の文章を読む。そういう場合もあるでしょう。

しかし、そうでない場合もあるはずです。

そのブロガーの個性的な考え方に共感したり、面白味を感じてファンになることもあるはずです。

そう。人は人との「違い」に興味を抱くのです。違いとは「個性」とも言えます。

人は誰一人、同じ人間はいません。みんなそれぞれ「違い」があるのです。個性がそれぞれあるのです。

僕はこの「違い」にこそ、価値があると思っています。

なぜならその「違い」が才能の原石だからです。あなたのすごいところに繋がるからです。

好きなことをとことん追求していけばそれは「すごい」となる

例えば「人生がときめく片付けの魔法」で有名な近藤麻理恵さん。彼女は人より「片付け」に興味があったわけですよね。

人生がときめく片づけの魔法
サンマーク出版 (2012-07-01)
売り上げランキング: 224

大学の卒業論文のテーマが「片付け」だったくらい、片付けに興味があったわけです。そう、片付けが好きというのが、近藤麻理恵さんと他の人との「違い」です。

そしてその「違い」である「片付け」を追求していった結果、彼女は今では世界的に活躍する女性となったわけです。

わかりますか?近藤麻理恵さんは自分が興味があった「片付け」をとことん追求していっただけなのです。

つまり、自分が興味があること、好きなことをとことん追求していけば、それがあなたの「すごさ」になるということなのです。

テーマは何でもいいということです。掃除でも、ベーゴマでも、ゲームでもいい。自分が夢中になれるものを追求していけばいいのです。

自分が夢中になれるものであれば、上達も早いわけです。だからこそ、人より秀でることが可能となるのです。

この話をしても、「私は好きなことも、興味があることもない」という人もいます。

会社と家の往復の生活になっている人に、この傾向が強いようです。

もしあなたがそうだとしても、大丈夫です。明日以降に続きます。

今日からあなたにできること

人との「違い」こそに、才能の原石が眠っていることに気がつこう。

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

「好きなこと」だけして生きていく。 ガマンが人生を閉じ込める
PHP研究所 (2015-02-13)
売り上げランキング: 2,325
人生がときめく片づけの魔法
サンマーク出版 (2012-07-01)
売り上げランキング: 224
心屋塾 Beトレ DVD vol.46 「本当に大切なもの」 ゲスト 近藤麻理恵
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 565,703

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック