やせるためにはスリム美人の考え方をインストールすればいい!心屋仁之助さんの「ココロでやせるダイエット」から

スリムになりたいなら、スリム美人の考え方をインストールすればいい。

心屋さんはこのようなメッセージを著者「ココロでやせるダイエット」で発信している。

ココロでやせるダイエット
心屋 仁之助 和田 ゆみこ
PHP研究所
売り上げランキング: 1,520

「スリム美人の考えをインストールするぅ!???」というあなたに。

僕自身の経験もあわせて説明しよう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

スリム美人の考え方をインストールする

心屋さんの「ココロでやせるダイエット」でポイントになる考え方の一つ。

それはスリム美人の考え方を自分にインストールするということ。

これはどういうことかというと。あなたがスリム美人なら、日頃どう考えて生活していくかということだ。

例えば「スリム美人なら真夜中にラーメンやポテトチップスを食べないだろう」とか。

「昼ごはんは健康的なサラダを食べるだろう」とか。

「週一回はランニングするよね」とか。

「スリム美人ならこうするよね!」という行動を自分がしていけばいい。

そんなことを心屋さんは言っているのだ。

自分の生活スタイルを見直す

逆に自分が太っていると思っている人は。

自分が「太っている人の考え方」をしていないか。一度自分の食生活を振り返ってみたほうがいい。

例えば真夜中にラーメンやポテトチップスを食べていないか?

1日三食、全てお腹いっぱい食べていないか?

運動不足になっていないか?

「そんなんわかってるわ!」という人は、是非食事の記録を取ってみてほしい。

時間と同じで、僕達は自分達が思っている以上に自分達の行動をわかっていないのだ。

例えば時間の使い方の場合。

自分達の時間の使い方をわかっていれば、ダラダラとテレビを見たりしないはずだ。

「よし、これからムダな時間を過ごそう」と思ってムダな時間を過ごす人はおそらくいないだろう。

そういう意味で、自分の行動に自覚的になる。これは食生活に限らず、とても大切になる。

だからこそ、記録することが大切なのだ。

カロリーを記録するだけで痩せる理由もそこにある。

身近なスリム人の考え方をまねる

スリム美人に限らず、周りのスリムな人の行動に着目してみよう。

あるいはスリムでいられる秘訣を直接聞いてみてもいい。

例えば僕は友人から「1日で摂取するカロリーの上限を決めている」という話を聞いた。

人間が1日で消費するカロリーは◯カロリーと相場が決まっている。

単純に消費するカロリー以上食べなければいい。そんなシンプルな発想だ。

「なるほど!」と思った僕は、それからその考えかたを取り入れている。

例えば夕飯でガッツリステーキを食べたいなら、朝、昼のご飯を少なめにする。

そんな感じで、「やる時はやる」。それ以外の時は適度に。

そんな感じで過ごしているため、それからは幸い太っていることで悩んだことはない。

こんな感じで無理のない範囲で、スリムな人の考え方をインストールして行動に移していけばいいのだ。

まとめ

スリムになりたいなら、スリムな人の考え方を自分の頭にインストールする。

その人達の考え方を取り入れてみる。想像してみる。観察してみる。

そして無理のない範囲で実行していく。

それだけで、スリムに近づいていく。僕はそう思っている。

そしてこれは体型に限った話ではない。

お金持ちになるためには、お金持ちならどう行動するか。想像して行動すればいい。

できている人の考え方をインストールする。これはおそらく普遍の法則と言えるだろう。

ということで、参考にしてほしい!!!

食べる時は思いっきり食べるよ! いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

スリム美人ならどうするか考えて行動するようにしてみよう!

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

ココロでやせるダイエット
心屋 仁之助 和田 ゆみこ
PHP研究所
売り上げランキング: 1,520
心屋塾BeトレDVD vol.21 「執着を手放す」
心屋仁之助

売り上げランキング: 256,734

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック