自分に厳しく当たりすぎるな-世界No. 1コーチが教えてくれること

やぁ、みんな!

今日は僕が毎日気分よくハッピーに生きるために、いつも心がけてることをシェアしようと思う。

それは、失敗してしまった時、あるいは、自分の思うように何かができなかった時に。

自分を励まし、あたたかい言葉をかけてあげることだ。

たとえば今日、僕がブログを書けなかったとする。

そんな時、僕の頭の中では、次のような声が聞こえてくる。

「今日、ブログ書かなかったね。いいの、そんなんで?がんばりが足りないんじゃないの?

そう。油断すると。

こうして自分をボコボコにしてしまう習性が僕にはある。

きっと君もそうなんじゃないかな?

そんな時、僕は意識的に自分を励まし、あたたかい言葉をかけるようにしてるんだ。

「まぁ、普段毎日書いてるんだし。たまに書けない日があってもいいじゃないか。いつもよくがんばってるよ」

こうしてあたたかい言葉を自分にかけてあげると、自分にダメ出しをするよりもずっと気分よく、その日を過ごすことができる。

これって大切なことだと思わないかい?

広告

トニーなら、きっと君にそんな言葉はかけない

もし君が世界的に有名なコーチにコーチングをお願いしたら。

きっと、同じような言葉をかけられるはずだ。

たとえば世界No. 1コーチとして名高い、トニー・ロビンズ。

彼は以下の動画で、自殺を考えている若い青年に「自分に厳しく当たりすぎるな」とアドバイスしている。

たしかに世の中には、自分をボコボコにすることで、それを原動力にして活躍する人もいるのかもしれない。

でも、多くのコーチングではクライアントをボコボコにするのではなく、トニー・ロビンズのように励まして行動を促す手法を採用している。

冷静に考えてみよう。

わざわざ自分をボコボコにしなくたって、行動、活躍することはできるんじゃないかな?

何より、自分をボコボコにするのは不健全だ。

メンタルによくないし、毎日ハッピーに生きるのがむずかしくなる。

それじゃあ、人生、楽しくないだろう?

自分に厳しく当たりすぎないことだ。

自分をボコボコにしそうになったら、「トニー・ロビンズなら、ここで僕にどんな言葉をかけるだろう?」と考えてみよう。

そうしたら、そう。

きっと今日も、いい日になる。

ということで、いつものお願い

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、今日も素敵な1日を!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告