誰に向けて文章を書くのか–1,000人の熱狂的なファンを作る

やぁ、みんな!

誰に向けて文章を書いたらいいのか。

情報発信する人間なら、幾度となく悩んだことがあるテーマなはずだ。

結論から言うと、僕は自分に向けて文章を書けばいいと考えている。

自分が好きな文章、自分自身が「おもしろい」と感じる文章を書けばいいってことさ。

理由はいたってシンプル。

君と同じ価値観、感性、考え方をもった人間は、日本全体で見たら、それなりの数いるじゃないか。

ということは、君自身が「おもしろい!」と感じる文章を書くことさえできれば。

少なくともその人達もその文章を「おもしろい!」と感じてくれることになる。

広告

1,000人の熱狂的なファンを作ろう

君と同じような価値観、感性、考え方をもってる人は、少なくとも日本に1,000人はいるんじゃないかな?(実際はもっと多いと思うぞ)

たとえ1,000人でも、その人達に向けて情報発信を続けていれば。

次第にその人達は、熱狂的なファンになってくれるはずだ。

そうした熱狂的なファンを1,000人作ることができれば。

君はクリエイターとして十分やっていけることになる。

その理由についてくわしく知りたい人は、以下の記事もぜひ読んでみてほしい。

僕がそう考えるようになったワケ

僕がこのことを確信したきっかけは、僕のセミナーにきてくれる受講生のみんなが。びっくりするくらい、僕と同じような価値観、感性、趣味の持ち主だったからなんだ。

もちろん、細かい性格などはみなそれぞれ違う。

でも、長時間労働に悩んだり、上司や同僚に言いたいことが言えなかったり、一人で仕事を抱えこんでしまったりするところは。

皆おどろくほど、昔の僕と同じだったんだ。

彼(彼女)らの悩みは、昔の僕のそれと、驚くくらい共通していた。

だから、彼(彼女)らは、僕のファンとなって、僕のセミナーにきてくれたんだ。

そう。僕のファンになる人は、僕と同じ価値観、感性、趣味をもった人達だったというわけさ。

日本中に支持されるアイドルになる必要はない

自分と同じ価値観、感性、考え方をもっている人に喜んでもらえる文章を書こう。

そのためにはそう、自分に向けて文章を書けばいい。

自分が好きな、自分自身が「おもしろい」と感じられる文章を書くことだ。

そうすればきっと、2〜3年後には。

僕たちにも、熱狂的な1,000人のファンがついてくるはずだ。

その日を楽しみにしておこう。

ということで、いつものお願い

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、今日も素敵な1日を!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告