人生に絶望して、苦しまないために。知っておきたいこと–理想が高いことと、「完璧主義」の違い

やぁ、みんな!

人生いい時もあるけど、絶望して、先が見えなくなる時もあると思う(僕だってそうだ)。

なんで人生って、こんなにもつらいことが多いんだ(約束が違うだろう)!

そんなふうに今日も叫びたい君に、いいニュースだ。

昨日見た世界No. 1コーチとよばれるトニー・ロビンズのちょっとした動画がすごくよかった。

君にぜひシェアしたいと思ったんだ。

もちろん、お金はとらない。動画はYouTubeで見れる。

1分40秒と短い動画だ。

忙しい君でも、これくらいなら時間は取れるだろう?

ぜひ見てみてほしい。感動するから。

広告

念のため。見事に動画をスルーした君へ

簡単にエッセンスを伝えよう。

自殺を考えていた青年。

なぜ自殺を考えていたかというと、自分が目指す高み(理想)と、今の自分(現実)に差がありすぎて、先が見えなくなってしまったからだ。

苦しくてしかたがなくて、死にたくなるということだった。

この気持ち、「メチャメチャわかる!」って思ったんじゃないかな。

で、それに対してトニーが伝えたアドバイスがほんと秀逸なんだ!

紹介しよう。

君は自分に厳しすぎる。

理想が高いのはいいことだ。

でも君の場合は理想が高いんじゃない、完璧主義なんだ。

ほとんどの人は1年で成し遂げられることを高く見積りすぎる。

そして、20年、30年で成し遂げられることを低く見積りすぎる。

君は数十年を経験するほど長く生きていないだろう。

だから焦るな。まだ時間はある。

僕が今日君に伝えたいことは、トニーの言葉に全てつまっている!

だからこそ、動画を見てほしいんだ。

メッセージは文字で読むだけが、全てじゃない。

ぜひ動画を見て、トニーと僕からのメッセージに耳を傾けてほしい(大丈夫だ。壺は売らない)。

肩の力が抜けて、きっと今日を生きる活力が手に入る。

きっと今日も素晴らしい1日になる。

そしていつも通り

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに#いつでもスタオバといれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、今日も素敵な1日を!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告