他人が困ってるからといって、自分が犠牲になってまで他人を救う必要はない。

他人が困っているからといって、自分が犠牲になってまで他人を救う必要はない。

自分が本当に心からその人を助けたいなら、助けてあげればいい。でも多くの人は、自分で気づいているかは別として、罪悪感から困ってる人達を救おうとしている。

広告


本当は、他人を助けてあげるほど自分に余裕がないのに。罪悪感を感じて、「助けなきゃ」と義務感からその人達を助けようとする。

だから、自分に不満が溜まる。自分が我慢した分、感謝されないと鬼のように怒る。「あれだけやってあげたのに!」と不満を募らせる。

もしそうして不満を感じるのなら、それはあなたが罪悪感から行動したからにほかならない。

自分が心からその人を助けてあげたいと思った時は、たとえ相手が感謝してくれなくても、なんとも思わない。なぜなら、あなたはその人を手伝いたくて、自分の意思でやりたいことをやったから。それだけで、満足するはずだ。

他人に感謝を求めるのは、自分がやりたくないことを我慢して、「自分を犠牲にしたのに」「やってあげたのに」という感情があるからだ。

そんなふうに思うくらいなら、いい人のふりして助けなければいい。

困ってる人の問題は、困っている人が自分で解決しなければいけない問題だ。あなたの問題ではない。

あなたが解決してあげなくても、会社が、上司が、その他の誰かが、あるいはその人自身がいずれその問題を解決するから。ほうっておけばいい。

他人を救おうなんて思わなくていい。それよりもまず、自分自身を救おうよ。

自分自身が満たされれば、他人を助けてあげたいと心から思うようになるから。それから思う存分、他人を救ってあげればいい(救ってあげたければね)。

順番が逆なのよ。

まず、自分を満たす。それから、他人を満たしてあげればいい。自分を満たす前に他人を救おうとするから、犠牲になってる感がでる。

大切なのは、「あなたはほんとはどうしたいの?」ということだ。目の前に困った人がいる。その時に、あなたは本当はどうしたいのか。助けてあげたいけど、正直自分自身に余裕がなくて、助けてあげられない。それならそれでいいじゃないか。

それは今はまず、自分自身を救ってあげる時期なんだということなんだ。他人が困っているのはあなたの責任じゃない。あなたが罪悪感を感じる必要はないんだ。

まず自分自身を救ってあげること。これが一番大切だよ。

こちらの記事も読んでみて。理解が深まると思うよ。

メルマガ購読で、もっと自分らしく生きる秘訣を学ぼう!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

1/15(水)
19時〜21時
「残業生活から抜け出す未来がハッキリ見えるタスク管理入門講座」

30日間は事実上無料!セミナー動画が過去分含めて見放題の「オンライン会員」

僕のセミナー動画が、過去分も含めて見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告