ブログは時間をかければいい記事が書けるのか

今の僕はブログの記事を書くときに自分の中で完成度8割くらいでエントリーするようにしている。

最近ブログを朝書くようになってからその傾向が強まった。その理由を説明しよう。
僕が「朝型ブロガー」にチャレンジしたワケ | dream4luckのいつでも 「スタオバ」!!!

書く時間が限られている

朝ブログを書く場合、夜書くときと違い時間制限がある。夜は最悪睡眠時間を削ればいいが、会社に遅刻していくわけにはいかない。

そうすると必然的に完成度を高めることはできなくなるし、何より求めなくなる。それは次の理由も影響している。

時間をかける記事が必ずしもいい記事とは限らない

ブログは何とも不思議なもので、自分として「よし、完璧!」と思っても以外と周りの反応が良くなかったりするものもあれば、自分としてはサラっと書いただけなのにすごい好評価をいただいたりすることもある。

あかめさんの「iPhoneブログ術」にもこんな記載がある。

アクセス来るだろうと気合を入れて書いた記事はアクセスがこなく、飲んだ帰りに電車の中でサラッと書いた記事がアクセスが高いなど、何が起こるかわからないのがブログです。

本当にそうだと思う。だからこそ、完成度8割でいいと思っている。

blog

まとめ

どの本か思い出せないのだが仕事も完成度8割までかかる時間と比べて、8割以上のものに仕上げる時間は膨大にかかるそうだ。

ぼくだった納得がいく記事をじっくり書いて、毎日エントリーしたい。でも今の環境下では厳しい。

今自分が置かれている環境下でベストを尽くすしかない。今自分にとって何が一番重要なのか。それは記事をたくさん書くこと。

毎日エントリーするためにどういった工夫をするかが重要だと思っている。

参考エントリーはこちら↓
35日間ブログを毎日更新してみた僕がエントリーで意識するシンプルなアイデア | dream4luckのいつでも 「スタオバ」!!!
タスク管理的発想はブログ更新にも役立つ | dream4luckのいつでも 「スタオバ」!!!

参考書籍はこちら↓

モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術
あかめ
秀和システム
売り上げランキング: 74,298

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック