タスク管理的発想をヒントにして、悪い習慣をやめる方法を発見したので紹介しよう

感情を記録する

例えば、飲みに行った後必ずラーメンを食べて帰ってしまうという習慣がやめられない場合。

ラーメン屋に行くか迷った時に、まず一回だけその一時的な衝動を我慢してみよう(もしあなたが一回も我慢できないという場合は、ある種の依存症なのでその時点でちょっと病院にいったほうがいいかもしれない)。

その時に自分が感じた感情を記録しておくのだ。なぜか。

人間の記憶は曖昧だから

我慢したときに自分がどう感じたのか。例えばラーメンを我慢して家に帰った後。ほとんどの人はなんとも思わないはずだ。

「さっきまで猛烈に食べたかったけど、家に帰ったら意外と衝動は収まって何とも思わないや」と記録しておくのだ。

そうすれば、次またラーメンに行きたくなった時にその記録を見返せば、ここで我慢しても後ですごく不快な気持ちにならないということがわかるわけだ。

人間の記憶は曖昧だ。こうして記録をしておかないと、「ここでラーメンを我慢して家に帰ったらきっとモヤモヤするし・・。やっぱ食べにいこ。」となってしまう。

一時的に衝動我慢すれば、家に帰っても全く不快に感じないことを忘れてしまうのだ。都合よく記憶を書きかえてしまうといっていいかもしれない。

昔の自分はもう他人なのだ。だからこそ、昔の自分がどう感じたのか記録しておくことが重要になる。

lifehack

まとめ

繰り返すが、昔の自分は他人だ。だからこそ、昔の自分がある出来事に対してどのように感じたのかが重要となってくる。

衝動に駆られたりした時も昔の自分の感情を見返すことで、未来の自分(ラーメンを我慢して家に帰った自分)がどのように感じるかを先に知ることができる。

未来の自分はモヤモヤしたりすることがないと安心感があることで、その悪い習慣をやめることができるというわけだ。

ちなみに記録にはこのアプリがオススメだ。さっと感情をEvernoteへ記録できる。
FastEver – 素早く簡単にEvernoteにメモ
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

日本の働き方を変えたい。
残業ゼロアドバイザー。

東証一部上場の大手金融機関で
「残業ゼロ」を33歳から実践。
組織でも残業を減らし、
全国表彰される。

個人事業主として
セミナー、
法人の「残業ゼロ」コンサルティング、
執筆活動を行ってます。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします